menu

スマホの充電の減りが早い!節電方法とモバイルバッテリーについて

ビジネスマンだけに関わらず、最近では主婦のスマートフォン所有率も高くなってきました。日常生活に便利なスマホアプリ、スマホと連動した家電など、「携帯が手放せない」の時代ではなく「スマホが手放せない」時代になりつつあります。それほど便利なスマホですが、充電(バッテリー)の減りが早いのが最大の難点ではないでしょうか。

スマートフォンのバッテリーを長持ちさせるコツ

スマートフォンの充電を長持ちさせる方法

一番良い&手っ取り早い方法としては、モバイルバッテリーを使うこと。
なんですが、その前に今すぐに出来る10の節電方法をまずはご紹介します。

 

1.画面の自動回転を固定する

スマホを横にすると自動的に横に切り替わりますよね。
あれ結構電池を食っちゃいますし、寝転がってみる時とかイチイチ横になって煩わしい。
自動回転機能はオフにしましょう。

2.画面の明るさを暗くする

画面が明るければ明るいほど電池が減ります。
見づらい程暗くする必要はありませんが、可能な範囲で暗めに設定しましょう。

3.自動ロックの時間を短くする

自動で画面の明かりが消灯する機能で、
スマホに触れていない時間は自動的に消灯させられます。
この時間を1分と短くしましょう。
使う度に電源オンにすればいいのです。

4.Wi-Fiをオフにする

外出先では3G回線ですが、自宅だとWi-Fi回線を利用しますよね。
Wi-Fi設定がオンになっていると、使わない時でも親切に接続を探してくれちゃいます。
勿論、これも電池を消耗しますので、オフにしましょう。

5.Bluetoothをオフにする

ワイヤレスイヤホンBluetoothを使っている場合、
使用しない時には設定をオフにしておきましょう。
面倒でもコレが節電に役立ちます。

6.GPSをオフにする

位置情報サービスをオフにしましょう。
マップを使う時に必要なのが位置情報サービスですが、
これも使う時だけオンにして、あとはオフにして節電しましょう。

7.バックグラウンドで動作するアプリを終了させる

アプリを使い終わって画面を終了させたつもりでも、
実はバックグラウンドで動いていることがあります。
この電池の消耗は半端ないので、必ず使い終わったアプリは終了させておきましょう。

8.自動同期設定をオフにする

中には自動同期するアプリがありますよね。
例えばgmailやtwitterやfacebookなど。
自動同期は結構電池を消耗しますので、使う都度立ち上げるようにしましょう。

9.使わないアプリは削除する

インストールしたものの今は使ってないアプリは削除しましょう。
余分なメモリを食っているだけでなく、バックグラウンドで動くアプリであれば
不必要に電池を消耗します。

10.節電アプリを利用する

無料で使える節電アプリがあります。
これを積極的に利用して、節電をコントロールしましょう。

モバイルバッテリーでいつでもどこでも充電OK!

モバイルバッテリー 大容量

上記の「スマホの充電を長持ちさせる方法」も限りがあります。
ネット検索・ゲーム・動画・音楽などを楽しんでいると
スマホの充電はすぐになくなります。

そんな時に重宝するのが「モバイルバッテリー」です。
これにあらかじめ電気を蓄えておきます。
それを出先に持ち歩くことで、電源がなくても簡単に充電が可能なんです!

モバイルバッテリー iphone5
マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

このように1つのモバイルバッテリーからiPadやiPhoneといった端末を
2台同時に充電できる機種もあります。
今はこのように2つ同時に充電できる&大容量のモバイルバッテリーが人気です。

大容量モバイルバッテリーで人気の機種を3つご紹介しますね。
アマゾンランキングで常に上位にいる機種です。

スマホをガンガン使う人は、モバイルバッテリーは必需品ですね^^

 

 

新型鳥インフルエンザH7N9型が中国で!パンデミックを警戒

鳥インフルエンザ予防にマスクは効果あり?その他の予防法について

関連記事

  1. 月額2980円のイオンスマホ買ってみた!

    4月4月から販売がスタートした格安スマートフォンのイオンスマホ。通話+ネット+本体Nexus 4…

  2. Google Reader & iGoogleの代わり…

    GoogleのRSSリーダー「Google Reader」が2013年7月1日に終了すると発表があり…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方
  3. 高血圧 カルシウム
  4. 耳鳴りがひどい

ピックアップ記事

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.