menu

心筋梗塞の原因・症状・前兆について

軽度の心筋梗塞で女優の天海祐希さんが入院されました。心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化が進行して血栓が冠動脈の内側を塞ぎ、心筋への血流が滞って心筋細胞が壊死してしまう病気です。一般的には心筋梗塞は女性よりも肥満傾向の中高年男性に多い病気です。それに反して肥満とは縁遠い40代女性の天海祐希さんが、なぜ心筋梗塞に襲われたのでしょうか。

心筋梗塞の原因・危険因子とは

軽度 心筋梗塞 原因

【心筋梗塞の危険因子】

・高血圧
・脂質異常症(コレステロール値が高め)
・運動不足
・糖尿病(血糖値が高め)
・肥満
・喫煙
・家族に心筋梗塞の人がいる

【心筋梗塞にかかりやすい性格】

・ガツガツ仕事をする
・人との競争が好き
・短気な性格
・責任感が強い
※脈拍や血圧が上がり危険因子となることがある

一般的に心筋梗塞の危険因子は上記の通りです。
天海祐希さんのように40代のスリムな女性で上記のようなリスクファクターがゼロの人が心筋梗塞になる理由は、「ストレス」が引き金になることが多いのです。

ストレスによって心臓の血管がキュッと痙攣することがあります。これを「冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)」と呼びます。血管の痙攣の酷いのがドン!と起こり、それが長時間続くと軽い心筋梗塞を引き起こすことがあるのです。

心筋梗塞の症状・前兆・治療法

【心筋梗塞の症状】

・強い胸の痛み
・呼吸困難
・吐き気
・冷や汗

【心筋梗塞の前兆】

・胸やみぞおちを突然圧迫するような痛み
・左肩や背中にかけての痛み
・吐き気
・虫歯でもないのに奥歯や下顎が痛む
・左手小指の痛み
・冷や汗
・呼吸困難や息切れ
・不整脈

心筋梗塞の前兆には上記が挙げられますが、心筋梗塞を起こした人の約半数は前兆がなく突然心筋梗塞を発症しています。

軽度の心筋梗塞の場合であれば、1週間~10日程度の安静入院をし、血流を良くしたり、心臓に負担がかからないよう血圧を下げる治療が施されます。

天海祐希さんのようにメタボとは程遠い女性が心筋梗塞を発症したのはごく稀なケースだとは思いますが、誰しも軽度の心筋梗塞を起こす危険性はあると思い、食生活や喫煙、ストレス発散など日常生活に注意を払う必要があります。また、一度心筋梗塞を起こした人は再発のリスクも高いので、心筋梗塞を起こした原因を突き止め、繰り返さないよう生活改善をする必要があります。

若年化している心筋梗塞

心筋梗塞 軽度 前兆

心筋梗塞と言えば、40代以上の中高年男性がかかるイメージですが、サッカーの松田選手が練習中に急性心筋梗塞で亡くなったことは記憶に新しいです。

スポーツで鍛え上げられた30代男性が心筋梗塞は珍しいケースですが、バリバリ働く30代ビジネスマンの心筋梗塞が最近は増えてきています。

ストレスは体に様々な悪影響を与えます。心筋梗塞もしかりで、ストレスによって血圧や血糖値が上昇し、消化器系の働きが抑制され、コレステロール値が上昇し血栓が出来やすくなります。ストレスと心筋梗塞は大きく関係しているのです。

また、食生活の欧米化に伴い魚の摂取量が減ったことによるEPA値の減少。心筋梗塞の要因にもなる動脈硬化を防止するには、体内のEPA濃度を上げることは欠かせません。

死亡原因も1位は癌、2位は心疾患、3位は脳疾患となっており、自分には関係ない話だと軽視はできません。

 

心筋梗塞を予防するには

心筋梗塞 予防

【心筋梗塞を予防する13のこと】
・禁煙をする
・塩分の摂り過ぎに注意する
・脂質、コレステロールの摂り過ぎに注意する
・肉よりも魚、野菜を多く食べるようにする
・栄養バランスの取れた食事を心がける
・肥満に注意する
・お酒は適量
・ウォーキングなどの有酸素運動をする
・短気な性格を改める
・ストレスを溜め込まない
・寒暖の差に気を付ける
・規則正しい睡眠を取る
・定期的な血液検査で動脈硬化の進行度をチェックする

心筋梗塞に関わらず、健康を維持するためには、昔ながらの和食中心の食生活と十分な睡眠を取り、上手にストレスを発散させた日常生活を過ごすようにしましょう。また、生活習慣病の原因となる活性酸素を除去してくれたり、コレステロール値を下げてくれるビタミンEを積極的に摂取するようにしましょう。

とは言え、普段の食事から摂取するのが難しい・・・という方は、ごはんに混ぜて炊くだけでビタミンEがほうれん草の130株分、玄米の23倍分も摂取できる【ひとてまい】がお勧めです。

↓↓↓


 

更年期障害更年期障害の原因・症状・治療法について

新型コロナウィルス 症状新型コロナウィルスの症状・感染経路・予防対策

関連記事

  1. 熟睡できる方法

    熟睡する方法! 今夜からできる睡眠力アップ法

    今、睡眠に悩んで睡眠外来に来院する患者さんが増えているそうです。十分な睡眠が取れていないと、体力や思…

  2. 紫外線対策

    紫外線対策は5月から!日焼け止めの選び方&正しい塗り方

    紫外線対策はいつ頃からするのが良いのでしょうか。紫外線の強さの月別推移をみると、紫外線が最も強く…

  3. 3M マスク pm2.5

    3Mマスク pm2.5対策に息苦しくないDS2規格マスクがおすす…

    中国からの飛来で問題となっている大気汚染物質PM2.5。超微粒子状物質なので、普通の風邪用マスク…

  4. 乳がん 遺伝子検査

    遺伝子検査で遺伝性乳がん・卵巣がんを予防

    体内時計、病気、瞳の色などを決める色々な遺伝子。なんとその数は2万数千種類にも及びます。この…

  5. ヘルパンギーナ 大人 症状

    大人も要注意!大流行ヘルパンギーナの症状と治療法

    ここ10年間で一番の大流行となっている夏風邪ヘルパンギーナ。過去3年くらいは大きな流行がなかった為、…

  6. アルツハイマー病 糖尿病

    認知症(アルツハイマー病) 糖尿病でリスク2倍に!

    現在、65歳以上で急激に増えている病気があります。12年前のデータと比較すると何と13.7倍!…

  7. 牛乳 血圧 あさイチ

    高血圧に効く食材:何と牛乳に血圧を下げる効果が!

    「牛乳=健康によい」と昔から言われていて、給食でも牛乳は必ず出ます。成長期の子供さんのために牛乳のス…

  8. 口腔アレルギー症候群 原因

    花粉症の人は要注意!口腔アレルギー症候群になるかも?

    花粉症と言えば、スギやヒノキなどの花粉が原因で鼻水やくしゃみが出るアレルギー疾患ですよね。花…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.