menu

曇りの日でも紫外線対策は必要!UVAは5月がピーク!!

日差しがギラギラと照りつける7月8月になると「日焼け注意!紫外線対策しなくちゃ!」と自然に思わせてくれますが、実は紫外線は5月から急激に増えているのです。特に、肌の奥深くまで届いてしまう紫外線UVAは5月がピーク。紫外線UVAは、肌のハリや弾力に関係するコラーゲンやヒアルロン酸を生成する細胞に傷を与えてしまいます。UVAは年間を通して存在しますが、ピークの5月から本格的に紫外線対策をするのが好ましいのです。

曇りの日でも紫外線対策を

紫外線 曇りの日

曇りの日だからといって油断は禁物です。
快晴の日と比べると、曇りの日は60%、雨の日は30%の紫外線が降り注いでいます。
また、雲の切れ間から日が差す薄曇りの日は、雲に紫外線は反射して、晴れの日よりも紫外線量が増えることがあります。

 

紫外線は日傘だけでは防げません

紫外線対策として真っ先に挙げられるのが、日焼け止めと日傘ではないでしょうか。

紫外線が地上に降り注ぐ時、
散乱光・直接光・反射光の三段線で地上に到達します。
紫外線は360℃どこからでもくるので、
日傘だけでは紫外線の半分しか防げないのです。

日焼け止めを塗った上で、日傘を差すとより効果的に紫外線を防ぐことが出来ます。

 

日焼け止めの基準SPF PAについて

日焼け止めには、SPFとPAの表示があります。

SPFは、肌の表面にダメージを与えるUVBの影響を防ぐ時間を意味します。

例えば、
日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びて日焼けをするのに20分かかると仮定すると、
SPF50を塗った場合は、20分×50倍の時間ほど、日焼けする時間を遅らせることができます。

SPFの数値は「強さ」ではなく、「日焼けを遅らせる時間」なのです。

PAは、肌の奥深くに届くUVAを防ぐ強さを意味します。
2013年1月1日から、PA++++(フォープラス)が新基準として導入されました。





PA基準
紫外線防御効果
PA+効果がある
PA++効果がかなり高い
PA+++効果が非常に高い
PA++++効果がきわめて高い

日焼け止めを選ぶ時、SPF50+とPA++++のものを選んでおけば最大の効果が得られるのですが、防御効果が高いものは、肌への負担も大きくなります。
屋外で長時間活動する時、日常生活で使用する時、
それぞれに合わせて日焼け止めを使い分けることが大切です。

あなたの肌タイプは?正しい日焼け止めの選び方

 

あとがき

紫外線を浴びすぎると、日焼け・しみ・皮膚がんなどの弊害があるので予防は重要ですが、
紫外線を浴びなさすぎると骨を形成するのに必要なビタミンDが作られず、
骨粗しょう症になります。

ビタミンDが不足すると骨がもろくなるだけでなく、
うつや花粉症の発症率を高めたり、免疫力低下を招いたりもします。

強い日差しの下では適切な紫外線対策は必要ですが、
常に紫外線を防御することにピリピリする必要はないように思います。

 

 

マダニ ライム病マダニに刺されたら? 症状・治療法・予防について

女性の脇汗対策!気になる脇の汗シミやニオイ

関連記事

  1. 一過性脳虚血症を見逃さないで!それ、脳梗塞の前触れです!

    CHAGE and ASKAのASKAが一過性脳虚血症と診断され、6年ぶりの復活ライブが延期となりま…

  2. 3Mマスク pm2.5対策に息苦しくないDS2規格マスクがおすす…

    中国からの飛来で問題となっている大気汚染物質PM2.5。超微粒子状物質なので、普通の風邪用マスク…

  3. みかんの驚きの効能!みかんで骨粗しょう症予防!?

    冬を代表する果物「みかん」。みかんはビタミンCの宝庫で、風邪をひいた時や予防に食べると良いと言わ…

  4. 新型ノロウイルス

    新型ノロウイルスが大流行?症状と予防法について

    秋から冬にかけて本格的に流行するノロウイルス。ノロウイルスに感染すると、激しい嘔吐や下痢を引き起こし…

  5. 鳥インフルエンザ予防にマスクは効果あり?その他の予防法について

    中国東部で発生している「H7N9型の鳥インフルエンザ」問題。感染を予防するにはマスク着用などの通常の…

  6. 子宮頸がんワクチン 定期接種 拒否

    子宮頸がんワクチンの定期接種を拒否する選択も

    子宮頸がんを予防する「子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)」を接種した後に、体の強い痛みやけいれん等…

  7. 片頭痛 治し方

    ズキズキと脈打つ頭痛は片頭痛かも?その原因と治し方について

    片頭痛持ちの人の数は何と840万人もいるとか。こめかみがズキズキしてきて、頭の中に心臓があるみたいに…

  8. プール熱の症状・潜伏期間・治療法。看病する大人も要注意!

    幼稚園や学校でプールが始まると急増する夏かぜがあります。プール熱(咽頭結膜熱)と呼び、プールを介…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.