梅シロップの賞味期限はどのくらい?

梅シロップの賞味期限はどのくらい?

6月になると青梅が出回る時期になり、スーパーやホームセンターでは梅シロップ用のガラス瓶がズラリと並ぶのを見かけます。自家製”梅シロップ”は、梅ジュースや梅カクテルにするなど子どもから大人まで楽しめるのですが、梅シロップの賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

梅シロップの賞味期限

梅シロップ 賞味期限
梅シロップの作り方を以前ご紹介しました。

梅シロップを作る工程の中で、賞味期限を長持ちさせるポイントがあります。

 

梅シロップ 賞味期限梅シロップに使用する容器の熱湯殺菌

青梅を氷砂糖漬けする容器、
梅シロップを保存する容器を熱湯殺菌し、
キレイな布巾で水気を拭き取り天日干しにする。

 

 

 

梅シロップ 賞味期限青梅を水洗い後、しっかり水気を拭き取る

砂糖氷漬けにする前に、青梅を流水で洗う。
キレイな付近やキッチンペーパーで
しっかり丁寧に青梅の水気を拭き取る。
水気が残っているとカビの原因になる。

 

 

梅シロップ 賞味期限梅シロップが出来上がった後に火にかける

青梅を氷砂糖につけて7~10日で梅シロップが
出来上がるので、シロップだけ鍋に移し換える。
沸騰しないよう弱火で10~15分火にかけて
アクをすくう。

 

 

この方法で、保存料なしの自家製梅シロップの賞味期限は
冷蔵庫で1年間保存が可能になります。

ただし、きちんと加熱殺菌できている、
きちんと密封保存が出来ているという条件の元でです。

ひと夏で飲み切る場合は、梅シロップの加熱殺菌なしで保存可能です。

 

あとがき

梅ジュース・梅ソーダ・梅酒などアレンジが色々楽しめる梅シロップ。
飲み始めるとクセになってあっという間に無くなってしまう我が家は、
梅シロップは加熱殺菌してから保存しています^^

便利な「青梅・氷砂糖・容器の3点セット」があります。
あちこち買いに回らず、すぐ梅シロップ作りに取り掛かれます!

 

生活カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.