menu

背中や胸のニキビが、実はカビのマラセチア菌が原因!?

汗をかく季節になると、胸の上部や背中に赤いニキビのようなブツブツが出来ることありませんか?これ、大人ニキビだと判断して市販の薬で対処したりする人、結構いると思います。それで治れば良いのですが、なかなか治らない場合、それはマラセチア菌というカビが原因のマラセチア毛包炎かもしれません。

マラセチア菌による皮膚疾患

マラセチア菌、聞きなれない名前ですよね。

マラセチア菌とは、皮膚に常在するカビ菌の一つです。マラセチア菌は10種類以上存在し、これが体のニキビの原因菌になることもあります。ニキビの原因菌はアクネ菌だけではなく、皮膚に常在し、普段は何も私たちに攻撃をしないマラセチア菌もその一つになります。

ところが、マラセチア菌の一種で「マラセチアファーマー」は毛穴の中で増殖を繰り返し、それが胸や背中にニキビ様のブツブツを発症させます。これを、マラセチア毛包炎(もうほうえん)と呼びます。

マラセチア菌が原因の皮膚炎は他にもあり、癜風(でんぷう)や脂漏性皮膚炎の原因にもなっています。

◇癜風とは
 背中・胸・首・上腕などに白色や褐色の班ができる。

◇脂漏性皮膚炎とは
 頭や顔などの皮脂の多い部分にかゆみやフケをもたらす。

マラセチア菌は皮脂が大好きで、汗をたくさんかき皮脂が多く出る季節はマラセチア菌の活動期です。

最近はクールビズなどで職場やデパートなどのエアコン温度が高めだったり、年々猛暑日の継続日数が長くなるなどして、身体に皮脂がたまる状態の時間が長くなっています。

その影響で、ここ数年でニキビのようでニキビでないマラセチア毛包炎に悩まされる人が増えています。ニキビは自然に治りますが、マラセチア毛包炎は自然治癒は難しい皮膚炎です。

胸や背中にニキビのようなブツブツが出来、その治りが悪い場合は、マラセチア菌による皮膚炎の可能性がありますので、皮膚科へご相談下さい。

マラセチア菌によるマラセチア毛包炎だと診断がついた場合、抗真菌外用薬を塗ることで治ります。

マラセチア毛包炎にならないために

前述の通り、マラセチア菌は皮脂が大好物。シャワーができる環境にいる場合は、汗をかいたらシャワーで皮脂を洗い流しましょう。出先の場合は、濡れたタオルなどで汗を拭きとることも有効です。

また、マラセチア菌を予防する石鹸&シャンプーがあります。

▼マラセチア菌を予防する石鹸

 

▼マラセチア菌を予防するシャンプー

マラセチア毛包炎の経験がある人や、胸元や背中にニキビ様のブツブツがある人は、夏の時期だけでもコラージュフルフルを使ってみるのもいいですね。

マラセチア菌とアトピー性皮膚炎の関係

コラージュフルフルは、アトピー性皮膚炎の人にもオススメの商品です。

実は、マラセチア菌はアトピー性皮膚炎にも大きな関係があることが最近判明しました。アトピー肌の人は、汗がかゆみの原因になることは分かっていたのですが、汗のどんな成分が肌に悪いのかは判明されていませんでした。

広島大学大学院の研究により、汗をかくことで皮膚に常在するマラセチア菌のたんぱく質が溶け、それが毛穴から皮膚内に入り込むことで、かゆみの原因ヒスタミンが生成されることが判明したのです。

アトピーの大敵「汗」をかきにくくするサプリメント

あとがき

人の皮膚に常在しているカビ菌・マラセチア菌。汗を長い時間体に付着した状態でいると、皮膚の上でマラセチア菌がどんどん繁殖していきます。カビ菌が自分の皮膚の上で増殖する様を想像すると・・・。

アトピー性皮膚炎の人は勿論ですが、肌が健康な人も汗をかいたらシャワーで流して清潔にするという基本的なケアをしてカビ菌による皮膚疾患から身を守りましょう。

肌カビについてもっと詳しく

ニキビ跡LP

 

お弁当夏対策 食中毒を防ぐコツ

どくだみ茶の効能と成分。そして副作用について

関連記事

  1. 生トマトは不経済?ケチャップでリコピンを効率的に摂る方法!

    代表的な夏野菜のひとつであるトマト。このトマトを、夜に食べるだけで痩せられるという「トマトダイエット…

  2. 子供の口臭の原因は〇〇だった!若年化する病気シリーズその①

    今、中高年特有のものだと思われている症状や病気の若年化が進んでいるそうです。世界一受けたい授業で…

  3. 知らないと損する! 女性のためのがん検診

    みなさん、健康診断を受けてますか?40歳を過ぎるとがんのリスクが高くなる為、各自治体からがん検診…

  4. 中国 鳥インフルエンザ治療薬として新薬ペラミビルを緊急認可!

    中国東部で感染が拡大している鳥インフルエンザH7N9型。4月7日現在で感染者数は20名、うち死者は6…

  5. 新型コロナウィルス 症状

    新型コロナウィルスの症状・感染経路・予防対策

    新型コロナウィルスがサウジアラビアなどで感染が広まっています。サウジアラビアのほかに、イギリスやフラ…

  6. 耳鳴りの原因 “キーン”や”…

    キーンという耳鳴り、蝉が鳴くようなジーという耳鳴り、ボーという低い音の耳鳴り。色んな音の耳鳴りがあり…

  7. アルツハイマー病 糖尿病

    認知症(アルツハイマー病) 糖尿病でリスク2倍に!

    現在、65歳以上で急激に増えている病気があります。12年前のデータと比較すると何と13.7倍!…

  8. サポウイルスに要注意!ノロウイルスとどう違うの?

    千葉県いすみ市内の市立中学校で、サポウイルスによる集団感染があったそうです。49人の生徒が感染し…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.