menu

便秘解消即効マッサージ 頑固な便秘の原因は落下腸だった!

日本国民の5分の1、女性の半数以上が悩んでいるもの。それは便秘です。便秘の原因はさまざまですが、偏った食生活やストレスによる自律神経の乱れなどで起こります。便秘を解消すべく、食物繊維の多い食事を心がけたり、適度な運動をしてみても一向に改善されない人が増えています。最近、この頑固なしつこい便秘の原因が新しく判明しました。

頑固な便秘の原因

便秘の原因は、生活習慣やストレスなどが大きく起因しますが、その他に”腸の形”も関係していることが判りました。

腸の一部がねじれて細くなり、そこにどんどん便が詰まってしつこい便秘となる「ねじれ腸」が頑固な便秘の原因の一つですが、最近、また新たに”ある腸の形”が関係していることが判りました。

それは「落下腸」です。

聞いたことありませんよね。字の如く、腸が落下してずれている腸のことを落下腸と言います。

 

このように、正常の腸は「上行結腸⇒横行結腸⇒下行結腸⇒S状結腸⇒直腸」が四角い形で位置しているのですが、落下腸は、上の方の腸が骨盤内までグッと下に落ち込んで腸がグチャグチャに位置しています。

この落下腸、実は生まれつき。妊娠12週の胎児の時に、食道・胃・小腸・大腸などの消化器官が作られるのですが、この時に横行結腸の両端がお腹に固定されずに骨盤内に腸が落ちてしまうのです。

落下腸と正常な腸の長さを比較してみると、正常な腸が80cmなのに対し、落下腸はなんと170cmもあります。

約2倍もの長さの腸がお腹の中でグチャグチャに折り重なり、便がスムーズに腸を通りきれず、どんどん溜まって頑固な便秘になるのです。

何をしても改善されない頑固な便秘の人の2割が、この生まれつきの落下腸の持ち主という統計が出ています。

「自分が落下腸かどうか知りたい!」

簡易的にですが、自分でチェックが出来ます。

【落下腸チェック方法】
1.子どもの頃から便秘だった
2.腹痛を伴う便秘になったことがある
3.便秘の後、下痢や軟便が出ることがある
4.運動量が減った途端、便秘になったことがある
5.立ち上がった時に下腹が出る

2つ以上当てはまった人は落下腸の可能性ありです。

落下腸は生まれつきだと説明しました。生まれつきなら便秘は治らないじゃない・・・と思いますよね。

確かに落下腸を治すことはできませんが、
落下腸に効果のあるマッサージで便秘解消することが出来ます!

 

頑固な便秘解消!落下腸マッサージ

腸を押し上げるマッサージ

1.仰向けに寝て両膝を立てる
2.腰の下に座布団などを置き、腰を10cm程度浮かせる
 (腹筋がゆるみ、腸に刺激が届きやすくなる)
3.下腹部からおへその上まで両手で押し上げる
4.お腹が自然にへこむ強さで1分間続ける

 

S状結腸を刺激してほぐすマッサージ

1.上と同じポジションを取る
2.S状結腸を上下に1分間、上下に移動させながら突くように揺らす

この2種類のマッサージを、朝食前と寝る前に行います。落下帳は固定されていないので、マッサージすることで腸が簡単に動き、便が通るスペースを作ることができます。

マッサージとは違いますが、背筋を伸ばして姿勢を良くすると横隔膜や内臓全体が上がり、それに伴い大腸も引き上げられます。

最近話題になっている「腸活」も、頑固な便秘解消に効果抜群です。コチラの記事も是非参考にしてみて下さい。

あとがき

このマッサージ方法は、たけしのみんなの家庭の医学で放送されたものです。

番組内では、1週間に1度のお通じしかない頑固便秘の人が、1週間マッサージを続けた結果、マッサージ2日目で1回、4日目で1回、5日目で1日2回、6日目に1回とお通じがありました。そして、下腹も15cmマイナスでポッコリお腹にも効果が!たった2分のマッサージで、これだけの即効性を得られると嬉しいですよね。

どうしても出なくて便秘薬を常用している方は多いと思います。便秘薬もなかなか効かないからと、用法・用量を守らずに長年便秘薬を使い続けると、大腸ポリープや大腸癌になりやすくなるリスクがあります。

そうならない為にも、腸内環境を整えて快便生活を送ることが大切!乳酸菌の力でお腹の環境が整えば、女性に多い便秘による肌トラブルも解消されます。




腸活のすすめ!頑固な便秘を治す方法
女性の2人に1人が悩んでいると言われる便秘。女性は自宅以外で便意を催した場合は、兎角トイレに行くのを我慢しがち。これが習慣化する...

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新・認知症予防法 物忘れ改善物質BDNFを増やして認知機能を回復

高血圧に効く食材:何と牛乳に血圧を下げる効果が!

関連記事

  1. 鳥インフルエンザ予防にマスクは効果あり?その他の予防法について

    中国東部で発生している「H7N9型の鳥インフルエンザ」問題。感染を予防するにはマスク着用などの通常の…

  2. 冬季うつ病 深刻化に注意!冬でもお日様に当たりましょう

    "冬季うつ病"ってご存知ですか?冬季特有の心身の不調。春になると自然と治る"うつ病"ですが、認知…

  3. 熟睡する方法! 今夜からできる睡眠力アップ法

    今、睡眠に悩んで睡眠外来に来院する患者さんが増えているそうです。十分な睡眠が取れていないと、体力や思…

  4. はしか流行!大人がはしかに罹ったら・・・ 症状と予防法をチェック…

    非常に強い感染力を持つ麻疹(はしか)。その感染力の強さは、はしかの免疫を持っていない人の中に…

  5. 認知症 初期症状

    若年性認知症の初期症状は?予防のために出来ること

    65歳以下で発症する若年性認知症。認知症はいかに早期に発見できるかが、認知症の進行を最小限に…

  6. 知らないと損する! 女性のためのがん検診

    みなさん、健康診断を受けてますか?40歳を過ぎるとがんのリスクが高くなる為、各自治体からがん検診…

  7. 花粉症に効果のある食べ物で体質改善!キーワードは「和」

    2013年、今年は花粉症の症状が例年に比べて重い、今年から花粉症デビューしてしまったと言う人が増えて…

  8. 五月病になりやすい人とは?症状・対策・予防法をチェック!

    「仕事に行きたくないな・・・」「学校に行くのが面倒だ・・・」。ゴールデンウィークの長期の休みが明けて…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.