menu

あせもの治し方 赤ちゃんや子供のあせも予防法

汗をかく季節になると、赤ちゃんや子供によく見られる赤くて痒いブツブツ。
余りの痒さに乳幼児などは無意識に掻き毟ってしまい、あせもが酷くなることも。
あせも予防法、あせもの治し方をご紹介します。

赤ちゃんや子供が汗疹が出来やすいのはなぜ?

大人もあせもが出来ないわけではありませんが、
比較すると圧倒的に乳幼児に多い夏の皮膚トラブルです。

あせもは、大量に汗をかいた時に汗が皮膚の中に溜まり、
汗の管の周辺組織に汗があふれ出すことで、水ぶくれや炎症を起こし、
痒みを伴う赤い湿疹ができます。

なぜ、乳幼児に多いのか。

それは、汗腺の数は大人と同じだから。

体の表面積が大人よりもぐっと小さいにも関わらず、汗腺の数は同じ。
汗腺がビッシリと密集していることで大量に汗をかく。
これが、あせもが乳幼児に多い理由です。

また、大人の場合は汗をかけば自分で拭いたり着替えたりができます。
子どもの場合は、大人が気を付けてあげない限り、
汗をかいても長時間汗を皮膚に残したままの状態になりやすいからです。

 

あせもの治し方

あせもの治し方は、あせもの種類によって異なります。

 

あせもの種類
症状
治療法
水晶様汗腺 小さな水泡状の白っぽいブツブツ 自然消滅
紅色汗疹 赤くかゆみを伴うブツブツ ステロイド外用薬
深在性汗疹 皮膚の深いところで起こる白く扁平な丘疹 医療機関へ

あせもの中で最も軽いのが水晶様汗腺(すいしょうようかんせん)で、
1~3ミリ程度の小さな水泡状のかゆみのないブツブツができます。
これは、汗をかいたらこまめに拭くなど患部を清潔に保つことで、
ポロッと自然消失します。

あせもの中で一番よく見かけるのが紅色汗疹(こうしょくかんせん)で、
赤くかゆみを伴う湿疹が出た場合は、ステロイド外用薬で治療します。

 

あせも ステロイドステロイド外用薬の注意点
 

・ステロイドには、弱い・ふつう・強いと3種類のランクがある。
・子どもの年齢、使用部位によって使える強さが決まっている。
 (顔に強いステロイドを使用すると副作用の恐れがある。)
・部位にあった強さのステロイドを用法を守れば、ステロイドは怖くない。
・市販のステロイド外用薬を購入する時は、薬剤師に相談の上購入する。

あせもをそのうち治るだろうと放置したり、
乳幼児の場合、寝ている間に無意識に掻き壊したりすると
“とびひ”に悪化する場合があります。

そうなる前に、サッとステロイド外用薬で治してあげて、
あとは、あせもにならないよう予防対策を取るようにしましょう。

 

あせもを予防するには


 

夏の皮膚トラブルで一番多いのがあせも。
特にアトピー性皮膚炎の人は、できるだけあせもを作らない対策が大切です。

 

あせも 予防 子供あせもを予防するには
 

・汗をかいたまま放置しない
・シャワーで流したり、清潔なタオルで汗を拭きとる
・汗を良く吸ってくれる木綿や、速乾性のある素材の服を着用する
・エアコンを上手に利用して、汗をかかない工夫をする
・乳児の場合、おむつ交換をこまめにする
・服だけではなく、下着もこまめに着替える

とにかく、汗が肌についたままの時間を短くすることがポイントです。

夏は暑くて汗をかくのは当たり前ですが、
アトピー性皮膚炎で肌状態が悪い人や、
あせもになりやすく、また掻き壊してとびひに悪化しやすい子は、
なるべく汗を大量にかかないよう工夫しましょう。

 

あせもの民間治療ってどうなの?

昔からよく言われる民間治療法があります。

 

・あせもには桃の葉がいい
・あせもは海に入れば治る
・あせもにはベビーパウダーがいい

 

桃の葉の効能

桃の葉には、タンニン・マグネシウム・カリウムなど
皮膚病に効果があると言われる成分が含まれています。
昔は、桃の葉を陰干しして乾燥させたものを煎じた汁を、
ローション代わりに患部に塗ったりしていました。

今は桃の葉がそう簡単に手に入らないこともあり、
桃の葉ローションというものが市販されています。

 

あせもには海水がいい

昔はよく耳にした言葉ですが、
海水(塩)があせもに良いという医学的根拠はありません。
海水に入ることで肌触りがサラサラになるように感じたとしても、
それは皮膚の余計な皮脂が取れただけ。
昔と違い今は紫外線の強さも全く異なりますし、
アトピー性皮膚炎など皮膚に症状がある場合は、海水が刺激となり逆効果です。

 

ベビーパウダーも使い方ひとつ

昔は、あせもには「天花粉やシッカロール」と言い、
ベビーパウダーをパタパタとはたけば良いなんて言われました。

あながちウソではないのですが、使い方に注意が必要です。

ベビーパウダーには汗を吸収して肌を乾燥させる作用がありますが、
あせもが既に出来ている時は、かえって汗の穴を粉で塞いでしまうので逆効果。
あせもが出来てない時に、あせも予防として使うようにしましょう。

その時も、小さなお子さんに使う時は、
粉の付き過ぎを防ぐために、一度自分の手にはたくなどして
余分な粉を落としてから付けてあげて下さい。

そして今、赤ちゃんの肌ケア商品として人気急上昇中なのが、【ファムズベビー】です。



赤ちゃんのあらゆる肌トラブルを改善してくれる保湿剤で、あせも予防にも効果があります。
お肌のターンオーバーの期間に合わせて28日間の返金保証が付いているので、試しに使ってみるのも良いかな~と思います。

 

麦茶 作り方 あさいち熱中症予防対策にミネラル入り麦茶が効果的!

膠原病 初期症状膠原病とは?初期症状や原因、治療法について

関連記事

  1. 梅ジュース はちみつ 作り方

    梅シロップの賞味期限はどのくらい?

    6月になると青梅が出回る時期になり、スーパーやホームセンターでは梅シロップ用のガラス瓶がズラリと並ぶ…

  2. 制汗剤の選び方

    制汗剤の選び方 殺菌能力だけで選んではダメ!

    暑さ本番の夏、気になるのが汗のニオイ。特に脇汗の臭いが男女ともに気になるところ。制汗剤で汗の臭い対策…

  3. 結婚しましたハガキ 年賀状

    結婚報告を兼ねた写真入り年賀状。安さとクオリティ、どっちを選ぶ?…

    結婚式の時の写真を使って、「結婚報告」を兼ねた年賀状を出すのはもう定番ですが、ここで色々と小さな悩み…

  4. ペルセウス座流星群 見頃 2013

    ペルセウス座流星群の見頃と観測場所をチェック!

    三大流星群の一つ、ペルセウス座流星群が2013年8月13日に見頃を迎えます。2013年はペルセウ…

  5. 赤ちゃん体温計 おすすめ

    赤ちゃん体温計 おすすめはコレ!オムロン MC-682のここがス…

    赤ちゃんの体温測定に困った経験はありませんか?とにかくジッとしてくれない赤ちゃんの体温を正確に測…

  6. 夏 お弁当 おかず

    お弁当夏対策 食中毒を防ぐコツ

    6月だというのに猛烈な暑さに見舞われています。猛暑で気を付けることは熱中症もそうですが、お弁当の保存…

  7. ヒスタミン中毒とは

    ヒスタミン中毒とは?症状・原因食品・予防法について

    はごろもフーズのシーチキンから、自社基準の10倍のヒスタミンが検出されたとしてはごろもフーズは3…

  8. あさイチ ぬか漬け

    ぬか漬けの健康効果がスゴイ! 冷蔵庫で作る簡単ぬか漬けの作り方

    NHK朝の連続ドラマ小説「ごちそうさん」と言えば、杏ちゃん演じるめ以子のぬか漬け!あれを見てると…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方
  3. 高血圧 カルシウム
  4. 耳鳴りがひどい
  5. エスタ申請 日本語

ピックアップ記事

  1. スーパームーン 撮影方法
  2. 秋バテ解消法
  3. 片頭痛 治し方
  4. 認知症予防 トレーニング
  5. 肌カビ

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.