menu

風疹が大流行!25歳~35歳の人は要注意!!

大人の風疹が増えています。
患者の約8割が男性で、そのうち20~40代の成人男性に多く発症してます。
 

このグラフからも分かるように、昨年から急激に患者数が増えており、
今年は昨年を上回るペース(昨年同月比で約13倍)で患者数が増えています。
 

なぜ??どうして??? と驚くことではなく、
昔の風疹予防接種制度に大きく関係しているのです。
 

風疹の予防接種受けていない空白の時間が存在する

風疹予防接種 大人

風疹の予防接種は1977年から始まり、将来妊娠する女性を対象に
中学生になった時に集団で予防接種が行われるようになりました。
しかし、1995年の風疹予防接種法の改正により、乳幼児期の男女に接種することになり、
この為、風疹の予防接種が受けられないブランクの年齢が生じました。
 

昭和54年4月2日~昭和62年10月1日に生まれの人です。
 

当時、救済措置として未接種の人は公費で受けられるようなっていましたが、
周知徹底されることなく救済時期が終わり、多くの男女が風疹の予防接種を受けていません。
これが、今大流行となっている原因なのです。
 

風疹の原因・症状について

大人 風疹 症状

風疹と言えば、「子供のうちになる病気」という認識が強いですよね。
 

風疹は麻疹と症状がよく似ていることから、別名「3日はしか」とも呼ばれています。
 

【風疹の原因】
・ウィルス感染

【風疹の症状】
・発熱
・頭痛
・リンパ節の腫れ
・小さくて赤い発疹
 (顔・耳後部から全身へ赤い点状の発疹が広がり、3~5日で消失)

 

子供の頃に罹っておくべき病気を大人になって罹患するとどうなるのか。
 

症状が重くなります。
子供の場合と比較すると、熱や発疹の数、リンパ節の腫れも酷くなります。
それでも3日~5日もすれば改善されてくるのですが、
ここで注意しなければならない最重要ポイントがあります。
 

妊娠初期の女性が風疹に罹患すると胎児に障害が

妊婦 風疹 抗体検査

妊娠初期の妊婦が風疹に罹患すると、胎児に風疹ウィルスがうつり
赤ちゃんが障害を持って生まれてくることが多く、「先天性風疹症候群」と呼ばれています。
 

【先天性風疹症候群とは】

<3大症状>
・先天性心疾患(妊娠3か月以内で多く出現)
・白内障(妊娠3か月以内で多く出現)
・難聴(妊娠3か月以降でも出現)

<その他症状>
・網膜症
・肝脾腫
・血小板減少
・糖尿病
・発育遅延
・精神発達遅延
・小眼球

 

障害の発症率と重症度は、妊娠のどの時期に風疹に罹患したかによります。
 

母体が感染したら100%が胎児に感染するわけではなく、

・妊娠4週以内 30~50%
・妊娠5週~8週 25%
・妊娠9週~12週 20%

この程度だと言われています。
 

胎児を先天性風疹症候群から守るために出来ること。
それは風疹の抗体を調べることです。
 

子供の頃に風疹に罹っていたとしても、
大人になってから再度罹患することもあり得ます。
また、子供の頃に風疹の予防接種を受けていても、
その抗体が永久的に続かないこともあるのです。
 

前述の、風疹予防接種法改正の空白ブランクに該当する人で
予防接種を受けていない人は、受けておくべきですね。
 

そして、少しでも不安のある方は、
是非、医療機関で風疹の抗体検査を受けて下さい。
血液検査で抗体の有無が分かります。
そこで抗体がないことが判明したら、風疹予防接種を受けるようにしましょう。
 

妊娠を望む女性だけではありません。
男性も必ず受けるようにしましょう。
先天性風疹症候群は未然に防ぐことのできる病気なのですから。
 

風疹予防接種の費用は?

風疹予防接種 費用

風疹予防接種を受けることにしました。
さて、費用はどのくらいかかるのでしょうか。
 

風疹の予防接種は公費負担はなく自費となります。
医療機関によって値段はまちまちなのですが、
だいたい風疹ワクチンは4000~6000円のところが多いようですね。
 

【女性が風疹ワクチンを受ける時の注意点】

・妊娠中は予防接種が受けられない
・ワクチン接種後は約2か月間の避妊が必要

 

生ワクチンを使用する為、これは厳守してください。
 

あとがき

妊娠初期の時に血液検査で必ず風疹の抗体を調べます。
しかし、ここで抗体が無いことが判明しても予防接種は受けられません。
 

今年は去年を抜く勢いで患者数が増えています。
妊娠中に風疹に怯えながら過ごすことは胎児にも良いことではありません。
心身共に穏やかな妊婦ライフを過ごすためにも、妊娠を望むのであれば、
できるだけ早期に、夫婦ともに抗体を調べて対処をするようにしましょう。
 
>>風疹の予防接種 大人で是非受けて欲しい人は?

>>風疹ワクチンが不足する事態に!2種混合MRワクチンで対応も
 

 

サイトマップ

みかんの驚きの効能!みかんで骨粗しょう症予防!?

関連記事

  1. サルコペニア肥満チェック!40代以上の女性に忍び寄る怖い肥満

    以前、「サルコペニア肥満とは。メタボよりも危険!?」でサルコペニア肥満の症状や原因についてご紹介しま…

  2. 腸活のすすめ!頑固な便秘を治す方法

    女性の2人に1人が悩んでいると言われる便秘。女性は自宅以外で便意を催した場合は、兎角トイレに行くのを…

  3. 風疹の予防接種 大人で是非受けて欲しい人は?

    風疹の大流行が止まりません。国立感染研究所感染情報センターの発表によると、2011年の風疹患者数…

  4. 低血糖になるとどうなるの?気になる症状と原因をチェック!

    大阪の御堂筋で車の事故がありました。運転手が糖尿病を患っているとかで、低血糖による意識障害が関係して…

  5. 遺伝子検査で遺伝性乳がん・卵巣がんを予防

    体内時計、病気、瞳の色などを決める色々な遺伝子。なんとその数は2万数千種類にも及びます。この…

  6. 新・認知症予防法 物忘れ改善物質BDNFを増やして認知機能を回復…

    年を重ねるにつれ、誰しもが「最近増えたなぁ~」と経験する物忘れ。物忘れの大きな原因は、ズバリ脳の…

  7. アトピー性皮膚炎に新療法 プロアクティブ療法とは?

    アトピー性皮膚炎の新治療法が注目されています。それは、「プロアクティブ療法」です。アトピーの…

  8. 偏頭痛の人は心臓に穴!?

    片側のこめかみ部分がズキンズキンと脈打つような痛みが続く片頭痛。国内の推定患者数は約840万人。…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウィルス 症状

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.