menu

虫刺されで腫れがひどい。もしかしたら、蚊アレルギーかもしれません

蚊にさされると赤く膨れてかゆみを伴う発赤が出て、
時間の経過と共に症状は治まりますよね。
しかし、いつまでたっても痒みが治まらなかったり、ひどく腫れることがあります。
時には、発熱や蕁麻疹などの全身症状が出て重症化することも・・・。
それは蚊アレルギーの仕業かもしれません。

蚊アレルギーとは

なぜ蚊に刺されると赤く腫れるのか

蚊は血を吸う時に人の皮膚に唾液を送り込んできます。
これは刺された時に痛みを感じさせない為の麻酔のようなもの。
また、蚊が血を吸う時に血液が固まらなくなる作用も。
この唾液が刺された後の腫れや痒みの原因になっているんですね~。

蚊アレルギーの人は、蚊の唾液腺物質に過剰反応を起こすことで起こります。
蚊アレルギーには2種類のタイプがあります。

 

蚊アレルギーの種類



即時型反応蚊に刺されてから15分後に、かゆみ・腫れ・発赤ができる
遅延型反応蚊に刺された1~2日以降に、かゆみ・腫れ・水泡・発赤ができる

遅延型反応は乳幼児に多くみられ
蚊に刺された時は何の反応もなく、刺されてから数日後に

真っ赤に腫れあがる、水ぶくれができる、かゆみが治まらない

などの症状がでます。
これは、身体の中で蚊の唾液腺物質にアレルギー反応が起こっている証拠。

酷い場合は、全身蕁麻疹が出たり、発熱、血尿、リンパ節の腫れ、下痢することもあり、
最悪は死に至ることもあります。
たかが蚊だと思っていると恐ろしいですね・・・。

 

蚊アレルギーで重症化する原因

蚊アレルギー(蚊刺過敏症)で重症化する原因の一つに
EBウイルスが挙げられます。

EBウイルスは大人になるまでにほとんどの人が唾液感染するウイルスで、
不顕性感染のため、症状が出ないことがほとんど。

EBウイルスが免疫を司るNK細胞に感染した場合、
蚊に刺された時に強いアレルギー症状が出ます。
アレルギー反応の強さは人それぞれですが、
まれに重症なアレルギー症状(悪性リンパ腫、血球貧食症候群など)を
起こすことがあります。
蚊アレルギーで酷い症状が出る人は、EBウイルスに感染していないか
一度検査しておくと安心かもしれませんね。

 

蚊アレルギーの治療法

蚊に刺された後がパンパンに赤く腫れあがったりした場合は、
皮膚科(小児の場合はアレルギー科のある小児科)を受診することをオススメします。
蚊アレルギーの治療法は、抗ヒスタミンの外用薬と内服薬を使用します。

皮膚の炎症が軽い場合は、抗ヒスタミンの非ステロイド外用薬、
皮膚の炎症が酷い場合は、抗ヒスタミンのステロド外用薬、
かゆみが強い場合は、抗ヒスタミンの内服薬が処方されます。

 

蚊アレルギーの予防

蚊アレルギーを予防するには、蚊に刺されない工夫をすることが大切です。

 

蚊に刺されない工夫蚊に刺されない工夫
 

・肌の露出を少なくする
・汗をかいたらこまめに拭く
・黒よりも白っぽい服を着る
・虫よけスプレーや蚊取り線香を使う
・蚊が繁殖する水たまりを作らない、近寄らない
・網戸に虫よけスプレーをする

 

蚊アレルギーの有る無いに関わらず、
特に乳幼児は体温が高く蚊が寄り付きやすいので、
なるべく蚊に刺されないよう注意をしてあげましょう。

 

 

いい汗と悪い汗の見分け方 いい汗に変える方法を伝授!

アルツハイマー病 糖尿病認知症(アルツハイマー病) 糖尿病でリスク2倍に!

関連記事

  1. 背中や胸のニキビが、実はカビのマラセチア菌が原因!?

    汗をかく季節になると、胸の上部や背中に赤いニキビのようなブツブツが出来ることありませんか?これ、大人…

  2. 花粉症治療器 バイオネットって本当に花粉症に効果あるの?

    今年は例年と比べて花粉症症状が酷い人が増えていますね。これまで医師の処方薬として使用されてきた薬…

  3. 赤ちゃんは要注意!RSウイルスはインフルエンザよりも怖い?

    今年は例年よりも早くインフルエンザの流行が始まっています。特に流行が始まっている地域では、「手洗いう…

  4. サポウイルスに要注意!ノロウイルスとどう違うの?

    千葉県いすみ市内の市立中学校で、サポウイルスによる集団感染があったそうです。49人の生徒が感染し…

  5. 3大危険因子!花粉×黄砂×PM2.5のトリプルパンチに要注意!!…

    スギ花粉の飛散が始まりました。2013年のスギ花粉、なんと東日本では6倍もの飛散量が予想されてい…

  6. 善玉コレステロールを増やす方法!基準値でも動脈硬化の危険あり

    脳梗塞や心筋梗塞の原因となるコレステロール。コレステロールが増えすぎると血管の中にゴミ(プラーク)と…

  7. アトピー性皮膚炎に新療法 プロアクティブ療法とは?

    アトピー性皮膚炎の新治療法が注目されています。それは、「プロアクティブ療法」です。アトピーの…

  8. 子宮頸がんワクチン「サーバリックス」副作用の真実

    子宮頸がんを予防する為の子宮頸がんワクチン「サーバリックス」の副作用が問題になっています。子宮頸がん…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.