menu

食中毒予防対策 【最低コレだけは守りたい15のコツ】

6月から患者が急増し、9月にピークを迎える食中毒。
この時期は、気温や湿度が上昇することで細菌が活発化して増殖し、
食中毒菌が体内に入ると嘔吐・発熱・下痢などの症状を引き起こします。
食中毒の種類や、予防・対策方法をご紹介します。

食中毒を引き起こす原因菌について

食中毒 予防 対策

食中毒の種類

食中毒の原因菌は16種類ほどあります。
結構多いですよね。
その中から良く耳にする主な原因菌を挙げます。

食中毒の原因菌
タイプ
O157 牛の腸に住んでいる
カンピロバクター ベットの体内にいる
サルモネラ菌 卵の殻に多く付着している
黄色ブドウ球菌 人の傷口に存在し、傷口で菌が繁殖する
腸炎ビブリオ菌 魚介類の内臓に付着している
ボツリヌス菌 ビン詰め、缶詰、保存食品などにいる

食中毒を起こす細菌には、
細菌が腸に入って増殖をするタイプ】と
細菌が持つ毒素が食品につくタイプ】の2種類があります。

下痢や嘔吐の症状を起こす食中毒なのだから、
原因菌は食べ物に存在すると思われがちですが、
細菌は意外なところにも多く存在しているのです。

食中毒原因菌はいろんなところに潜んでいる

台所の流しに置いてある洗い桶の水・トイレや洗面所にかけてあるタオル・洋服・ベッド ・リモコン ・ソファー

洗い桶やタオルは想像もたやすいですが、
洋服やソファーのような布製品にもいるのですね。

どこにでも存在する食中毒原因菌に対し、
私たちはどのような予防・対策をすればよいのでしょうか。

食中毒予防の3原則。「付けない・増やさない・やっつける」

食中毒の種類

とにかく、食中毒を予防するには、

・菌を食品に付けさせない
・菌を増やさない
・菌を殺菌する

この3つが最大のポイントになります。
では、この3つを守るために私たちが注意すべき15のコツをご紹介します。

食中毒 原因菌食中毒予防15のコツ

1.肉や魚などの生鮮食品は、鮮度の良いものを選ぶ。
2.生鮮食品を購入後は、立ち話などせずにまっすぐ帰宅して冷蔵庫へ。
3.冷蔵庫の中に物を詰め込みすぎないようにする。(7割程度がベスト)
4.温かいままの状態で冷蔵庫に鍋などを入れない。
5.肉や魚を切ったまな板は必ず洗剤で洗ってから、次のことをする。
6.肉や魚を切った手を洗わずに、他の食材に触れない。(生野菜など加熱しない食材)
7.卵を他の食材と同じ場所で保管しない。
8.卵を触った場合は、必ず手を洗ってから他の食材に触れる。
9.手に傷がある場合は絆創膏+手袋で、傷にいる細菌が食材に触れないようにする。
10.食材は中心温度が75℃以上、1分間以上加熱する。
11.大量の料理をして余ったものは、小分けにして早く冷まして冷蔵庫に入れる。
12.前日の残り物を食べる時は、中心温度が75℃以上になるまでしっかり加熱する。
13.レンジで加熱する場合は、途中かき混ぜて温度ムラがないようにする。
14.解凍したらすぐに使うこと。再冷凍はしないこと。
15.調理後は、包丁・まな板・スポンジなどを漂白するか熱湯殺菌する。

色々あるように思えますが、
なぜ菌が増えるのかを理解すれば対策は簡単です。

まとめ

肉や魚の汁の中に細菌がいた場合、
まな板や包丁を洗わずに加熱せずに食べる食材を切るとアウト!です。
必ず、野菜から切って肉や魚類は一番最後に切るようにしたり、
肉・魚用と野菜用とにまな板と包丁を分けてしまうのも手ですね。

カレーなど大量の料理を作った場合は、
鍋の中が多いために料理が冷めるまでの時間がかかり、
食中毒細菌にとっては絶好の住み家に。
夏場は特に台所の室温が高くなるので、
涼しい部屋に移動させて、早く冷めるような工夫が必要です。

意外と気にせず調理している方がいるかもしれませんが、
手の傷には本当に要注意です。
通常、中心温度75度以上で1分加熱すると食中毒菌は死滅しますが、
黄色ブドウ球菌のような毒素型の場合、加熱調理しても毒素が残っているんです。
なので、傷口を塞がずに調理するという行為は大変危険なことなのです。

食中毒と言えば、飲食店などで起こるイメージが強いですが、
家庭でも十分起こり得ることですので、
上記の15項目には注意して、これから増える食中毒に備えましょう。


こちらの記事も参考にしてね

お弁当夏対策 食中毒を防ぐコツ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルツハイマー病 糖尿病認知症(アルツハイマー病) 糖尿病でリスク2倍に!

遺伝子検査で遺伝性乳がん・卵巣がんを予防

関連記事

  1. エスタ申請は公式サイトで!申請方法と記入例を解説します

    アメリカに90日以内の短期間だけ滞在する場合、必ず必要となるESTA(エスタ)。エスタ申請と検索する…

  2. PM2.5対策!類似品に惑わされないマスクの正しい選び方

    微小粒子状物質PM2.5の濃度が、過去最多の10都道府県で注意喚起がなされました。(H26年2月…

  3. 体内時計が乱れるとこんなことに・・・。体内時計をリセットして長生…

    朝目覚めて昼に活動し、夜になると眠くなる。この当たり前の生活リズムは、地球上のあらゆる生物が持つ…

  4. 新玉ねぎの時期・栄養 : 新玉ねぎを最大限に生かす疲労回復レシピ…

    スーパーで新玉ねぎを見かけるようになりました。新玉ねぎの時期は3月~5月。スーパーで頻繁に出回る時期…

  5. 制汗剤の選び方 殺菌能力だけで選んではダメ!

    暑さ本番の夏、気になるのが汗のニオイ。特に脇汗の臭いが男女ともに気になるところ。制汗剤で汗の臭い対策…

  6. マンションのベランダにも飾れるおすすめの鯉のぼり

    5月5日は端午の節句。我が子に健やかに強く育ってほしい、という親の願いは共通ですね。最近では…

  7. 男の子の初節句に喜ばれるお祝いは?また、その相場はいくら?

    男の子が生まれて初めて迎える端午の節句が初節句です。母方か父方の実家から五月人形や鯉のぼりを贈る…

  8. 梅シロップ 賞味期限

    梅ジュース(シロップ)の作り方 冷凍で簡単に!

    6月になると青梅が出回る季節です。大きなガラス瓶に青梅と氷砂糖を詰めて"梅シロップ"を作る光景を見た…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウィルス 症状

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.