menu

顔のしわを取る方法!間違ったスキンケアでしわが深くなる!

ほうれい線、目じりのしわ、ゴルゴ線、マリオネットライン。
顔のしわって老けて見えて本当にイヤですよね。
しわの原因は加齢による乾燥ではなく、ある環境因子が大きく影響を与えています。
しわが出来る原因や、顔のしわをなくす方法をご紹介します。

なぜしわが出来るの?

顔のしわのなおしかた

しわは、表皮の下のコラーゲンが加齢により減少することで出来ると言われていますが、
最近になってからある環境因子が大きく影響していることが分かりました。

それは紫外線UVAです。

紫外線には、UVA・UVB・UVCの3種類があります。

UVA 肌の奥深くまで届く(20~30年後に影響が出る)
UVB 肌の表面まで届く(今すぐに影響が出る)
UVC 肌に届かない

日焼けしてすぐに肌が赤くなるのは、紫外線UVBの影響ですね。
しわに大きな関係を及ぼすのが、皮膚の奥まで浸透してしまう紫外線UVAなのです。

表皮の下は、コラーゲンと肌の弾力を維持する弾性線維が網目状に存在し、
これが自由に伸び縮みをしているのが健康な肌の状態。

ところが、UVAを浴びると弾性繊維の構造が崩れ、
コラーゲンの量が減ってしまいます。
更には弾性繊維が硬いかたまりとなって一塊となり肌の弾力を奪います。
塊となった弾性線維と弾性繊維の間に皮膚が深く入り込み、これがしわになるのです。

20~30年かけて浴びてきたUVAが、
知らず知らずのうちに私たちの身体に影響を及ぼしていたのです。

これまで浴びてきた紫外線をどうにかすることは出来ませんが、
これから浴びる紫外線を対策することはできます。

しわに効果的なスキンケア方法

しわに効果的な化粧水の付け方

・量は500円玉大
・つける場所は油分の少ない頬から
・次に目と口の周り
・最後に油分の多い額

化粧水をつける時にやってはいけないことがあります!

化粧水の付け方

※化粧水の二度づけは不要
※肌に浸透させようとグイグイ押し込むのはダメ
※肌を上にギューッとひっぱるのはダメ
※コットンは使わず手のひらを使う

結構やってしまいがちですよね?
強い力が肌にかかってしまうと、肌の老化を早める結果に繋がります。
しわを防ぐために”よかれ”と思ってしていることが、
逆にしわを増やしたり、深くしたりするのです。

しわに効果のある化粧水の成分は、水溶性のビタミンC誘導体で、
リン酸アスコルビルと表示されているものがオススメです。

しわに効果的な保湿クリームの付け方

・薬指の第一関節の量を取る
・眼の下、ほうれい線を軽く薬指で抑えながら塗る
・しわが気になる部分に二度づけは効果的

化粧水は二度づけの必要はありませんが、
保湿クリームは気になる部分に二度づけすることで更なる効果が得られます。

しわやたるみが気になって、下から上へと持ち上げるようなマッサージありますよね。
上にあげようあげようと強くやると逆効果です。
やるのなら、力をかけず優しくマッサージが鉄則です。

しわに効果にある保湿クリームや美容液の成分は、ビタミンAで
レチノールと表示があるものを選びましょう。

日焼け止めの付け方

・液体の場合は500円玉大
・クリームの場合は真珠大
・中指と薬指で顔全体に均一に乗せる
・頬や鼻などの高い部分は二度づけするのがオススメ

しわ対策に日焼け止めは欠かせません。
UVAはPA+~PA++++まで、UVBはSPF50とありますが、
数値が高ければいいというものでもありません。

外出時間が2~3時間の場合は、SPF20~30ぐらいで、
PA+++ぐらいのものを選びましょう。
ただし、色が白い人は紫外線に弱いので、少し高めがおすすめ。

この紫外線予防効果を表示通りに得ようとするなら、
顔なら500円玉サイズをきちんと塗らなければいけません。
塗る量が半分になると効果は1/4になってしまいます。

外に出かけない時は、UVカットのファンデーションはしておきましょう。
家の中にも紫外線は入ってきますので。

太陽の光はある程度は健康の為には必要

こうしてみると紫外線は大敵だ!!という感じがしますが、
私たちが健康であるためには、ある程度の日光浴は大切なのです。

骨を形成したり、免疫力を高めるビタミンDは、
太陽を浴びることで生成されるビタミンです。
紫外線を恐れて全く日に当たらないと、他で影響が出てきます。

子供の場合は、UV対策をせずに太陽に浴びて良いのは30分程度まで。
大人の場合は、両方の手のひらを15~20分ほど太陽に当てれば大丈夫です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麦茶の意外な健康効果&おいしい麦茶の作り方

ペルセウス座流星群の見頃と観測場所をチェック!

関連記事

  1. みずがめ座流星群 2014 7月

    2014年の流星群一覧をチェック!今年も天体ショーが熱い!!

    2012年は金環日食や金星の日面通過、2013年はパンスターズ彗星・スーパームーン・アイソン彗星…

  2. ヒスタミン中毒とは?症状・原因食品・予防法について

    はごろもフーズのシーチキンから、自社基準の10倍のヒスタミンが検出されたとしてはごろもフーズは3…

  3. パンスターズ彗星の位置と時間帯をチェックしよう

    パンスターズ彗星が日本各地で観測されています。パンスターズ彗星とは、ハワイのパンスターズ1望遠鏡…

  4. ダイエットスリッパ 効果

    スリッパダイエットの効果

    履くだけで痩せれる「スリッパダイエット」がジワジワと人気で、2013年上半期の本ランキング"美容・ダ…

  5. 新型ノロウイルス

    食中毒予防対策 【最低コレだけは守りたい15のコツ】

    6月から患者が急増し、9月にピークを迎える食中毒。この時期は、気温や湿度が上昇することで細菌が活…

  6. ペルセウス座流星群の見頃と観測場所をチェック!

    三大流星群の一つ、ペルセウス座流星群が2013年8月13日に見頃を迎えます。2013年はペルセウ…

  7. 確定申告 医療費控除の申請はネットで簡単に手続きできます

    1月1日~12月31日までの1年間にかかった医療費が10万円を超える場合、医療費控除の確定申告を…

  8. 簡単!折り紙で作るひな人形の作り方サイト7選

    3月3日は桃の節句"ひなまつり"。女の子の健やかな成長を願う節句行事です。立派なひな人形も勿…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 高血圧 カルシウム
  2. 新型ノロウイルス
  3. みずがめ座流星群 2014 7月

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.