menu

秋バテを放置すると危険!秋バテの原因・症状・解消法について

秋バテという言葉を聞いたことありますか?9月下旬あたりから秋バテと思われる症状で医療機関を訪れる人が増えています。涼しくなって過ごしやすいはずなのに、体がだるい・食欲がないなどの”夏バテに似たような症状”で体調が悪い。これを秋バテといいます。秋バテを放置すると様々な病気につながってしまうので、秋バテの原因や症状、解消法を知ることで秋バテ対策を施しましょう。

秋バテの症状ってどんなの?

秋バテ解消法

古典的な夏バテは体力のない胃腸が弱い人がなりやすいのですが、
秋バテは体力に自信があるひとでも陥りやすい症状です。
誰でも注意が必要になります。

では、具体的にどんな症状なのかを挙げてみます。

秋バテ 症状
・体がだるい
・疲れやすい
・食欲がない
・胸やけや胃もたれがする
・肩こりや頭痛がする
・舌に白いコケのようなものが付く
・無気力
・顔色がくすんで見える
・なかなか眠れない
・めまいや立ちくらみがする

この中で3つ以上当てはまるようなら秋バテの可能性が高いです。

夏バテと秋バテの違いは?

夏バテと秋バテ。不調の症状はどちらも似たような感じですが、夏バテは暑い夏真っ盛りに起こり、秋バテは9月以降に陥る不調ですね。

秋バテには2つのタイプがあります。

夏バテをダラダラと9月以降の過ごしやすい時期になっても引きずってしまう【夏バテ引きずり型】と、夏はエアコンのフル稼働の快適環境の中で元気に頑張ってきたけども、秋になって夏が去ると共に燃え尽きてしまう【燃え尽き症候群型】です。

圧倒的に多いのは、前者の【夏バテ引きずり型】ですが、夏の間元気でも急に元気じゃなくなるパターンもあるということを知っておきましょう。

秋バテの原因

秋バテの原因

秋バテの症状は上記の通りで、なぜ秋バテになるのかをみていきましょう。

秋バテの原因その① 寒暖の差

今年の夏は猛暑でしたよね。屋外は35度以上、屋内は25度。寒暖の差が5~10度ある所を行ったり来たりすることで、最初は気温の変化に自律神経も対応していても、寒暖の差を繰り返すことで自律神経が乱れ、血液循環が悪くなり色々な不調を引き起こすことになります。

自律神経は身体の機能を自然に調節している神経で、暑い時は体内の熱を放出させるために末梢の血管を拡張させて汗を出し、体温が上がり過ぎるのを防ぎます。また寒い時には、末梢の血管を収縮させて体温が下がるのを防いでいます。

寒暖の差を繰り返すことで、無自覚のまま知らず知らず自律神経が狂ってしまうのです。

ここまでは夏バテにも言えることなのですが、これにある条件が加わることで一気に秋バテへと悪化してしまうのです。

秋バテの原因その② 秋の気候の変化(低気圧)

太平洋側は夏や冬は天気が良い日が多く、高気圧が維持されていますが、春先や秋口になると低気圧が通りはじめます。

低気圧になると空気中の酸素濃度が少なくなります。すると、呼吸が乱れて自律神経も不安定になります。

この時に夏の寒暖差で自律神経に乱れが生じていると、低気圧によって症状が更に悪化して秋バテへと発症してしまうのです。

秋バテの原因その③ 食生活

秋バテは「寒暖の差+低気圧」だけではありません。夏の間暑いからと言って、冷たい物を摂り過ぎることも関係しています。

通常、胃は食べ物が入ると胃液と混ざり合うように蠕動運動を行い、消化を促します。しかし、冷たい物を摂ると胃の温度が体温の約37度から約25度まで下がってしまい、血流が低下して胃の動きが悪くなります。胃が冷えてしまうと胃液の消化力が低下し、これを繰り返すことで胃がどんどん弱くなってしまうのです。

また、食べ過ぎも秋バテの原因の一つです。

食べ過ぎると胃が活発になり、ガストリンという物質が出ます。ガストリンは、食べ物が口に入ると放出される胃液の分泌を促すホルモン。これが多く分泌されると、その分胃液もたくさん出ます。

胃液がたくさん出る?消化が進んでいいじゃないと思いきや、胃液が出過ぎると食道に逆流して胸やけを起こしてしまったり、腸に胃液が流れてしまうと、腸が胃の動きを止めるよう指令を出してしまうので、結果、胃の働きが弱くなってしまいます。

これが秋バテによる胸やけや胃もたれ、食欲不振の原因なのです。

ガストリンはスナミナ料理(たんぱく質や脂質の多い食べ物)や、冷たい物を食べることでも増えてしまいます。

秋バテ 胃もたれ 胸やけ

焼肉屋さんで冷えたビールと焼肉
居酒屋さんで冷えたビールと唐揚げ

最高の組み合わせで食欲がそそられますが、スタミナ料理+冷たい食べ物で、ガストリンを増やす典型的な食事なのです。

秋バテの原因その④ 紫外線による免疫力の低下

紫外線と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、日焼けなど肌への悪影響ですよね。紫外線対策をしないでいると、肌老化が進み、シミやシワができやすくなります。

女性は特に、シミが増えてきたな~とか、気付いたらシワやたるみが・・・など肌表面の変化を気にしますが、実は肌に受けた紫外線の影響で免疫力が低下してしまうのです。

皮膚表面には、細菌やウィルスなどの異物を検知して、免疫細胞にその情報を伝達する細胞が存在しています。その情報を元に、病気などをブロックする免疫システムが仕事をしてくれています。

しかし、ケアをせず紫外線を多く浴びてしまうと、活性酸素が免疫細胞を攻撃してしまうため、免疫細胞の十分な活動を阻害されてしまいます。その結果、免疫力が低下して、皮膚トラブルや夏風邪・夏バテになりやすくなるのです。

秋バテ解消法

秋バテ解消法 対策

秋バテを放っておくと様々な病気になる恐れがあります。

自律神経の乱れから免疫や代謝に影響が出てくるので、感染症に罹りやすくなったり、メタボ系の病気(心筋梗塞や脳梗塞など)になる可能性が出てきます。

そんな大病をも引き起こしかねない秋バテ解消法を4つご紹介します。

正しい入浴

38度~40度のぬるめの温度で、寝る直前に10~30分かけてゆっくり入ります。交感神経よりも副交感神経が優位に立つので、リラックス効果があり、寝る直前に入ると気持ちいい睡眠導入にもなります。

秋バテ解消法 ぬるめのお風呂40度以上のお風呂に入ると急激に血圧が上昇する可能性があります。

炭酸ガスの出る入浴剤を使うのもおすすめです。炭酸入浴は全身の血流をアップさせてくれる効果があるので、夏バテからの体の冷えも改善してくれます。

適度な運動

少しきついと感じる運動を毎日行うことで、自律神経の機能が回復します。早歩きのウォーキングなどお勧めです。体がだるいからといって休むことは禁物。

ウォーキングがなかなか続けられない人は、家事などの最中に爪先立ちをするのもお勧めです。体の熱は筋肉によって生産されるので、毎日の行動の中に爪先立ちをして筋肉に負荷をかけるだけでも違います。

毎日続けることが秋バテ解消への道です。

朝、白湯を飲む

毎朝、コップ1杯の白湯を飲みましょう。

白湯を飲むことで胃腸が暖まり血液循環が良くなります。体温が上がることで代謝や免疫力がアップして不調が改善されます。

寝る前にゆっくりと腹式呼吸

心地よい睡眠を得ることも重要です。

その為にはリラックスモードの副交感神経を優位に立たせることがポイント。仰向けてお腹の上に手を置き、ゆっくり大きく鼻から息を吸い、口からゆっくりと息を吐きだしましょう。この腹式呼吸を寝る前に10回行いましょう。

まとめ

秋バテなんて今まで聞いたことのない言葉でした。近年猛暑が酷くなっていく中で、夏バテならぬ秋バテが見受けられるようになったのでしょう。

あ!自律神経が乱れ始めてる! なんて自分では気づかないもの。

日頃から、暴飲暴食を避け、正しい入浴・適度な運動・朝一杯の白湯の習慣を身に付けて秋バテを乗り切りましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高速道路での事故対応は?命を守る4つの行動

自律神経や姿勢が崩れると便秘になる!簡単ひねり体操で便秘解消!!

関連記事

  1. 中国 鳥インフルエンザ治療薬として新薬ペラミビルを緊急認可!

    中国東部で感染が拡大している鳥インフルエンザH7N9型。4月7日現在で感染者数は20名、うち死者は6…

  2. 秋バテを放置するとうつになる?原因と解消する食べ物はコレだ!

    暑い夏から涼しい秋へ移り変わる季節になると、「気持ちが上がってこない」「気力が沸かない」など、気分が…

  3. アルツハイマー病 糖尿病

    認知症(アルツハイマー病) 糖尿病でリスク2倍に!

    現在、65歳以上で急激に増えている病気があります。12年前のデータと比較すると何と13.7倍!…

  4. 新・認知症予防法 物忘れ改善物質BDNFを増やして認知機能を回復…

    年を重ねるにつれ、誰しもが「最近増えたなぁ~」と経験する物忘れ。物忘れの大きな原因は、ズバリ脳の…

  5. 更年期障害の原因・症状・治療法について

    更年期の年齢域は、個人差があるものの45~55歳と言われています。42歳前に閉経してしまうと「早発閉…

  6. マダニ ライム病

    マダニに刺されたら? 症状・治療法・予防について

    マダニを媒体として感染するとされているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)で、山口県内の60代女性が…

  7. 冬季うつ病 深刻化に注意!冬でもお日様に当たりましょう

    "冬季うつ病"ってご存知ですか?冬季特有の心身の不調。春になると自然と治る"うつ病"ですが、認知…

  8. 遺伝子検査で遺伝性乳がん・卵巣がんを予防

    体内時計、病気、瞳の色などを決める色々な遺伝子。なんとその数は2万数千種類にも及びます。この…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.