しぶんぎ座流星群 2014年は絶好のチャンス!見頃と方角をチェック!!

しぶんぎ座流星群 2014年は絶好のチャンス!見頃と方角をチェック!!

2014年最初の天体イベントは「しぶんぎ座流星群」でスタートします。
しぶんぎ座流星群は、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ
3大流星群の1つで、お正月の頃に多くの流星群を観測することができます。
2014年は最高の条件下で観測可能ですので、見頃や方角をチェックして
天体観測を楽しんでみてはいかがでしょうか?

しぶんぎ座流星群の見頃

しぶんぎ座流星群 見頃 2014

しぶんぎ座流星群は1月1日~1月7日に出現します。
そして、見頃は1月3日夜~1月4日明け方にかけて。
その時間帯の中でも最も多くの流星群が見られる(極大)時刻は、
1月4日明け方4時!!

1月1日に新月を迎えます。
ということは、3日夜は新月から3日目の細~い三日月なので、
月明かりに邪魔されることなく、絶好の条件下で
しぶんぎ座流星群が見れるというわけです。

こういう好条件でしぶんぎ座流星群が観測できるのはそう無いようで、
次に見れるとしたら2014年程ではないものの、
2017年と3年先になってしまいます。

他の流星群はピークと言われる数日前後でも流星を見ることは可能ですが、
しぶんぎ座流星群はピーク時刻に合わせなければ観測が難しいので、
是非とも1月3日夜~4日明け方を狙って空を見上げてみて下さい。

しぶんぎ座流星群の方角

しぶんぎ座流星群 方角 2014

では、どこの空を見上げれば??

しぶんぎ座流星群は北東の空に出現し、明け方には空高く上がります。
北斗七星・アルクトゥース・北極星・ペガを結んだ中央を放射点として、
そこから放射状に流星が見られます。

久しぶりに星座を探そうと思っても、
北斗七星ってどこ? 北極星ってどこ? ってなりがち。

でも、大丈夫です。
放射点付近でなければ観測できないわけではなく、
放射点を中心に放射状に流星は出現するので、
広い視野で夜空全体を眺めていれば、
ピーク時には1時間あたりに30~40個の流星が観測できます。

観測時の注意点

夜空を見上げる時は、なるべく街明かりの無い方の空を見上げましょう。
観測場所は広く見渡せる場所がベスト。
目が夜空の暗さに慣れるのに5~10分程度必要で、
流星を見つけるまでに最低30分くらいは気長に待ちましょう。

街明かりのない、星がクッキリとキレイに見える山の中などへ出向く場合は、
路面凍結や積雪など、車の運転にはくれぐれも注意しましょう。

また、夜から明け方は猛烈に寒いです。
流星群を見に行ったはいいけど、年始早々大風邪・・・なんてことにならないよう、
寒さ対策もバッチリで出かけましょう。

 

生活カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.