menu

はしか流行!大人がはしかに罹ったら・・・ 症状と予防法をチェック

非常に強い感染力を持つ麻疹(はしか)。
その感染力の強さは、はしかの免疫を持っていない人の中に
麻疹患者が1人いるだけで、10人~14人の人が麻疹ウイルスに
感染してしまう程。(インフルエンザだと1~2人)
『はしかは子供がかかる病気』というイメージが強いのですが、
最近は大人のはしかが急増しています。
はしかの症状や予防策について見ていきましょう。

はしかとは

はしか 大人 症状

感染経路

空気感染・飛沫感染・接触感染で、麻疹ウイルスに感染

潜伏期間・発症年齢

潜伏期間は10~12日間で、1歳で多く発症するのが普通ですが、
最近は20代・30代の患者が4割を占めています。

症状

【初期症状】
  ・38度の発熱
  ・咳
  ・くしゃみ
  ・目の充血
  ・メヤニ

初めは風邪のような初期症状が3~5日間続きます。
この時点では風邪と区別が付きにくいのですが、
そのうちに口腔粘膜に白い粘膜疹(コプリック斑)が出てくると
“はしか”と診断されます。

【発疹期】
  ・40度近い発熱
  ・初期症状期間が終わってから12~18時間後に小さな発疹
  ・四肢に出た発疹が全身に
  ・倦怠感や痛み

初期症状期が過ぎる頃に一旦熱が下がり、
さも治ったかのように思わせておいて、
再度40度近くの発熱があり、全身に小さな発疹が広がります。
発疹期は2~3日症状が継続します。

大人がはしかにかかると

「水疱瘡」「おたふくかぜ」などのように
こどもの頃にかかる病気に大人になってからなると症状が酷くなる。
ということは良く耳にしますよね。

「はしか」も同じです。
はしかになると、一般的に肺炎や中耳炎を併発することが多く、
まれに脳炎になる子供もおり、最悪の場合は死に至ることもあります。

そして、大人がはしかになると、
子供よりも症状が重症化して高熱・咳・肺炎・肝機能障害などに陥り、
入院が必要とされることもあります。
麻痺や神経系に重い後遺症が残ることもあります。
また、妊婦さんが感染すると、早産や流産のリスクが高くなります。

はしか予防接種が一番の予防策

はしか 予防接種 大人

はしかを予防するには予防接種が一番です。

2006年より前に生まれた人は、
1歳を過ぎてから「はしか単体」のワクチンを接種していましたが、
2006年4月2日以降に生まれた人からは、
はしかと風疹の混合ワクチン(MRワクチン)を1歳と小学校入学前に2度
接種するよう国が推奨しています。

2回接種するというのがポイントです。
1回の予防接種では100%の抗体が付くのが確実ではなく、
1回目で95%だとすると、2回目の接種で100%にしようというものなので、
2006年(平成2年)より前に生まれた人で、1回しか予防接種をしていない人は、
免疫が十分についていない可能性があります。

大人ではしか予防接種を受けた方が良い人

・1回しか予防接種を受けてない人
・妊娠を希望する人で、予防接種を1回しか受けてない人
・妊婦さんの同居家族で、予防接種を1回しか受けていない人

こどもの頃の記憶は本人になく、
「親に聞いても良く分からなかった」なんてこともあると思います。
その場合は、かかりつけ医に相談して抗体検査を受けてから決める
という方法もあります。

こどもの頃にはしかに罹ったことがある人は、
しっかりと免疫が付いているので予防接種を打つ必要はありません。

まとめ

2014年4月現在で、去年のはしか患者数を超えています。
これは、年末年始にフィリピンではしかが大流行していて、
その時期にフィリピンに行った人がそこで感染し、
日本に帰ってから感染拡大が起こっているため。

はしかは毎年4月~6月の間に流行するので、
ゴールデンウィークに流行地に出かける予定のある人は、
ワクチン接種して定着するまで2~4週間かかるので
早めに予防接種をしておくといいですね。

勿論、流行地に出かけなくとも国内で感染する可能性もあるので、
こどもで自治体から予防接種のお知らせが届いている場合は、
接種漏れのないよう麻疹ワクチンを受けさせましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エルニーニョ現象とは?5年ぶり到来で日本への影響は?

月額2980円のイオンスマホ買ってみた!

関連記事

  1. 麦茶の意外な健康効果&おいしい麦茶の作り方

    夏の飲み物と言えば麦茶!ですよね。よく冷えた麦茶、どこの家庭にもたいがい冷蔵庫に入ってるのでは?…

  2. 新型ノロウイルス

    新型ノロウイルスが大流行?症状と予防法について

    秋から冬にかけて本格的に流行するノロウイルス。ノロウイルスに感染すると、激しい嘔吐や下痢を引き起こし…

  3. マダニ ライム病

    マダニに刺されたら? 症状・治療法・予防について

    マダニを媒体として感染するとされているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)で、山口県内の60代女性が…

  4. 知っておきたい! 30代から始める歯周病予防 3つの法則

    歯周病。それは進行すると歯がグラグラになって歯が抜けてしまう病気。自分はしっかり歯を磨いてい…

  5. 紫外線 曇りの日

    曇りの日でも紫外線対策は必要!UVAは5月がピーク!!

    日差しがギラギラと照りつける7月8月になると「日焼け注意!紫外線対策しなくちゃ!」と自然に思わせてく…

  6. 秋バテを放置すると危険!秋バテの原因・症状・解消法について

    秋バテという言葉を聞いたことありますか?9月下旬あたりから秋バテと思われる症状で医療機関を訪れる人が…

  7. ヘルパンギーナ 大人 症状

    大人も要注意!大流行ヘルパンギーナの症状と治療法

    ここ10年間で一番の大流行となっている夏風邪ヘルパンギーナ。過去3年くらいは大きな流行がなかった為、…

  8. 先天性風疹症候群の症例と確率 : 予防は風疹予防接種が有効!

    風疹が全国的に流行していて、特に東京都内での患者数が軒並み増えています。東京都では2月以降6週連続で…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. アルツハイマー病 糖尿病

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.