menu

はしか流行!大人がはしかに罹ったら・・・ 症状と予防法をチェック

非常に強い感染力を持つ麻疹(はしか)。
その感染力の強さは、はしかの免疫を持っていない人の中に
麻疹患者が1人いるだけで、10人~14人の人が麻疹ウイルスに
感染してしまう程。(インフルエンザだと1~2人)
『はしかは子供がかかる病気』というイメージが強いのですが、
最近は大人のはしかが急増しています。
はしかの症状や予防策について見ていきましょう。

はしかとは

はしか 大人 症状

感染経路

空気感染・飛沫感染・接触感染で、麻疹ウイルスに感染

潜伏期間・発症年齢

潜伏期間は10~12日間で、1歳で多く発症するのが普通ですが、
最近は20代・30代の患者が4割を占めています。

症状

【初期症状】
  ・38度の発熱
  ・咳
  ・くしゃみ
  ・目の充血
  ・メヤニ

初めは風邪のような初期症状が3~5日間続きます。
この時点では風邪と区別が付きにくいのですが、
そのうちに口腔粘膜に白い粘膜疹(コプリック斑)が出てくると
“はしか”と診断されます。

【発疹期】
  ・40度近い発熱
  ・初期症状期間が終わってから12~18時間後に小さな発疹
  ・四肢に出た発疹が全身に
  ・倦怠感や痛み

初期症状期が過ぎる頃に一旦熱が下がり、
さも治ったかのように思わせておいて、
再度40度近くの発熱があり、全身に小さな発疹が広がります。
発疹期は2~3日症状が継続します。

大人がはしかにかかると

「水疱瘡」「おたふくかぜ」などのように
こどもの頃にかかる病気に大人になってからなると症状が酷くなる。
ということは良く耳にしますよね。

「はしか」も同じです。
はしかになると、一般的に肺炎や中耳炎を併発することが多く、
まれに脳炎になる子供もおり、最悪の場合は死に至ることもあります。

そして、大人がはしかになると、
子供よりも症状が重症化して高熱・咳・肺炎・肝機能障害などに陥り、
入院が必要とされることもあります。
麻痺や神経系に重い後遺症が残ることもあります。
また、妊婦さんが感染すると、早産や流産のリスクが高くなります。

はしか予防接種が一番の予防策

はしか 予防接種 大人

はしかを予防するには予防接種が一番です。

2006年より前に生まれた人は、
1歳を過ぎてから「はしか単体」のワクチンを接種していましたが、
2006年4月2日以降に生まれた人からは、
はしかと風疹の混合ワクチン(MRワクチン)を1歳と小学校入学前に2度
接種するよう国が推奨しています。

2回接種するというのがポイントです。
1回の予防接種では100%の抗体が付くのが確実ではなく、
1回目で95%だとすると、2回目の接種で100%にしようというものなので、
2006年(平成2年)より前に生まれた人で、1回しか予防接種をしていない人は、
免疫が十分についていない可能性があります。

大人ではしか予防接種を受けた方が良い人

・1回しか予防接種を受けてない人
・妊娠を希望する人で、予防接種を1回しか受けてない人
・妊婦さんの同居家族で、予防接種を1回しか受けていない人

こどもの頃の記憶は本人になく、
「親に聞いても良く分からなかった」なんてこともあると思います。
その場合は、かかりつけ医に相談して抗体検査を受けてから決める
という方法もあります。

こどもの頃にはしかに罹ったことがある人は、
しっかりと免疫が付いているので予防接種を打つ必要はありません。

まとめ

2014年4月現在で、去年のはしか患者数を超えています。
これは、年末年始にフィリピンではしかが大流行していて、
その時期にフィリピンに行った人がそこで感染し、
日本に帰ってから感染拡大が起こっているため。

はしかは毎年4月~6月の間に流行するので、
ゴールデンウィークに流行地に出かける予定のある人は、
ワクチン接種して定着するまで2~4週間かかるので
早めに予防接種をしておくといいですね。

勿論、流行地に出かけなくとも国内で感染する可能性もあるので、
こどもで自治体から予防接種のお知らせが届いている場合は、
接種漏れのないよう麻疹ワクチンを受けさせましょう。

 

エルニーニョ現象とは?5年ぶり到来で日本への影響は?

月額2980円のイオンスマホ買ってみた!

関連記事

  1. 3大危険因子!花粉×黄砂×PM2.5のトリプルパンチに要注意!!…

    スギ花粉の飛散が始まりました。2013年のスギ花粉、なんと東日本では6倍もの飛散量が予想されてい…

  2. 子宮頸がんワクチン 定期接種 拒否

    子宮頸がんワクチンの定期接種を拒否する選択も

    子宮頸がんを予防する「子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)」を接種した後に、体の強い痛みやけいれん等…

  3. 赤ちゃんは要注意!RSウイルスはインフルエンザよりも怖い?

    今年は例年よりも早くインフルエンザの流行が始まっています。特に流行が始まっている地域では、「手洗いう…

  4. 高血圧に効く食材:何と牛乳に血圧を下げる効果が!

    「牛乳=健康によい」と昔から言われていて、給食でも牛乳は必ず出ます。成長期の子供さんのために牛乳のス…

  5. 新・認知症予防法 物忘れ改善物質BDNFを増やして認知機能を回復…

    年を重ねるにつれ、誰しもが「最近増えたなぁ~」と経験する物忘れ。物忘れの大きな原因は、ズバリ脳の…

  6. 風疹が大流行!25歳~35歳の人は要注意!!

    大人の風疹が増えています。患者の約8割が男性で、そのうち20~40代の成人男性に多く発症してます…

  7. あべこべ体操 頑固な肩こりがたった30秒で楽になる!?

    いつから肩こり持ちになったのか分からないくらい、私は万年肩こりです。余りに酷い時には緊張型頭痛に…

  8. うつ病チェックリスト こんな症状が5つ該当すればうつ病の可能性が…

    ここ10年でうつ病は2.5倍に増えており、患者数は約96万人。うつ病は、4大疾病のがん・脳卒中・…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方
  3. 高血圧 カルシウム
  4. 耳鳴りがひどい

ピックアップ記事

  1. 梅ジュース はちみつ 作り方

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.