menu

五月病になりやすい人とは?症状・対策・予防法をチェック!

「仕事に行きたくないな・・・」「学校に行くのが面倒だ・・・」。ゴールデンウィークの長期の休みが明けて職場や学校が始まる頃、うつ病と似たような症状が現れる。4月に入学・入社した人たちが、初めのうちは緊張とやる気で乗り切れたものの、新しい環境に適応できずに様々な精神的症状が現れる五月病。五月病の原因・症状・対策をご紹介します。

五月病の症状

五月病 症状

連休明け、やる気が出ないと「あ~!五月病だ~!!」なんて自分から口に出る人も中にはいるのでは?五月になると色々な症状が出るから「5月病」なんて名前が付いていますが、別に6月でも夏休み明けの9月でもあり得ます。

では、五月病になるとどのような症状が具体的に現れるのでしょうか?

五月病の症状

・何をするにもやる気が起きない
・何だか不安感でいっぱいになる
・ふさぎ込むことが多くなる
・思考がネガティブになる
・体がだるい
・思考力が低下する
・集中力が低下する
・頭痛
・腹痛
・食欲不振
・疲れやすい
・なかなか寝付けない

こうして見てみると、うつ病と症状が似ていますよね。基本的には五月病は1~2か月程度で自然に改善すると言われます。もし、上記の症状が2か月以上も続くようであれば、軽度うつ病の入り口にいるのかもしれません。

五月病の原因

五月病 原因

五月病とは、「新しい環境に適応できず様々な精神的症状が現れる」のでしたね。五月病は新入生や新入社員だけがなるものではありません。部署替え・転勤・転職も新しい環境に身を置かされます。

五月病の症状

・残業が多い
・ノルマが厳しい
・嫌味な上司に悩まされている
・新しい職場で人間関係で苦労している
・単身赴任で生活環境が大きく変わった
・受験を終え目標を達成した後、次の目標が見つからない
・達成感でいっぱいで、いつまでも解放感がダラダラと続く
・想像していた生活と現実とのギャップがあり過ぎる

新しい環境で何とかやっていこうと、初めの1ヶ月は気合で持っていたものが、ゴールデンウィークの連休を挟むことで辛うじて繋いでいた気持ちが途切れてしまう。そんな時に、上記の悩みを抱えていると五月病に陥りやすくなります。

五月病になりやすい人

だれしも五月病になり得る可能性はあるのですが、「こういう人が五月病になりやすい」という傾向があります。

五月病になりやすい人

・おとなしく内向的な性格の人
・几帳面でキッチリしている人
・計画的で真面目な人
・気配り気遣いのできる人
・我慢強い人
・完璧主義な人
・責任感が強い人
・感情を表に出さない人

これもうつ病と同じで、真面目で責任感が強く内向的な人ほどなりやすい傾向にあるようです。

五月病を対策する方法

五月病 対策 食事

上記の原因で五月病になってしまうわけですが、結局のところは「大きなストレス」が直接の原因です。現代社会はストレス社会とも言われていますので、なかなか簡単にはストレス解消することは難しいかもしれません。それでも、できることは試みましょう。

五月病 対策

・しっかり睡眠を摂る
・栄養バランスのいい食事を摂る
・友達と話したり一緒にご飯を食べる
・好きなことをしてストレス発散をする

ストレス解消に効果のある食べ物

ストレスは環境や人間関係によるものもありますが、実は栄養不足からくる肉体的なストレスもあります。ストレス解消に効果のある食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったりイライラしたりします。豚肉・ウナギ・タラコ・イクラ・大豆・カシューナッツ・玄米・全粒粉などにビタミンB1は豊富に含まれています。

ビタミンC

ストレスを感じるとビタミンCは失われてきます。健康な体を維持することもストレス発散には必要です。そのためには、抗酸化作用が高く免疫力を高めてくれるビタミンCは欠かせません。ビタミンCは一度に多く摂取しても体内に蓄積されないので、毎日欠かさず摂ることがポイントです。特に、ストレスを感じている人は積極的にビタミンCを摂るようにしたいですね。

野菜や果物には豊富なビタミンCが含まれています。野菜なら赤や黄色のピーマン・ブロッコリー、果物ならイチゴやレモンが豊富です。5月ならイチゴがまだ出回っていますのでオススメです。

カルシウム

カルシウムが不足すると神経が興奮してイライラする原因になります。
昔からよく言いますよね。イライラしていると「カルシウムが足りないんじゃない?」と。
カルシウムが多い食品には、乳製品・小魚・モロヘイヤ・小松菜・切り干し大根などがあります。

マグネシウム

マグネシウムもカルシウム同様に、不足すると神経が興奮してイライラ度が増します。マグネシウムには神経を鎮静化する作用が元々あるので、マグネシウムを含む食品を積極的に摂りましょう。
マグネシウムを多く含む食品には、玄米・そば(乾麺)・乾燥ワカメ・丸干しイワシなどがあります。

まとめ

なにかとストレスを抱えやすい現代社会ではありますが、しっかりと睡眠を取り、友達と話をしながらご飯を食べ、好きな映画・音楽・スポーツなどを楽しむなどして上手にストレスと付き合うようにするのが、5月病だけに限らず精神を健康に保つことにつながるのではないでしょうか?

 

ドラマ・映画見放題アプリは「Hulu」がおすすめ!そのワケは?

カラコン被害が急増中!カラコンは安全なメーカーのものを!

関連記事

  1. 低血糖になるとどうなるの?気になる症状と原因をチェック!

    大阪の御堂筋で車の事故がありました。運転手が糖尿病を患っているとかで、低血糖による意識障害が関係して…

  2. 知らないと損する! 女性のためのがん検診

    みなさん、健康診断を受けてますか?40歳を過ぎるとがんのリスクが高くなる為、各自治体からがん検診…

  3. サルコペニア肥満とは。メタボよりも危険!? 原因・診断・対策につ…

    最近耳にするようになったサルコペニア肥満という言葉。情報番組「とくダネ!」で紹介されて話題になってい…

  4. 善玉コレステロールを増やす方法!基準値でも動脈硬化の危険あり

    脳梗塞や心筋梗塞の原因となるコレステロール。コレステロールが増えすぎると血管の中にゴミ(プラーク)と…

  5. うつ病チェックリスト こんな症状が5つ該当すればうつ病の可能性が…

    ここ10年でうつ病は2.5倍に増えており、患者数は約96万人。うつ病は、4大疾病のがん・脳卒中・…

  6. 先天性風疹症候群の症例と確率 : 予防は風疹予防接種が有効!

    風疹が全国的に流行していて、特に東京都内での患者数が軒並み増えています。東京都では2月以降6週連続で…

  7. 花粉症治療器 バイオネットって本当に花粉症に効果あるの?

    今年は例年と比べて花粉症症状が酷い人が増えていますね。これまで医師の処方薬として使用されてきた薬…

  8. 3大危険因子!花粉×黄砂×PM2.5のトリプルパンチに要注意!!…

    スギ花粉の飛散が始まりました。2013年のスギ花粉、なんと東日本では6倍もの飛散量が予想されてい…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方
  3. 高血圧 カルシウム
  4. 耳鳴りがひどい

ピックアップ記事

  1. 新型ノロウイルス

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.