menu

カラコン被害が急増中!カラコンは安全なメーカーのものを!

目が大きく見えるなどの理由で若い女性の間で人気高いカラーコンタクトレンズ。メイクもカラコン無しでは完成しない!という若い女性もいるほどの人気ぶりですが、最近はカラコンによる目のトラブルが相次いでいます。具体的にどんなトラブルが発生しているのか、安全なカラコンはどんなものなのか、等についてお話します。

カラコンで目のトラブルが急増!

カラコン 危険

国民生活センターの報告によると、2004年から10年間の間に737件もカラコン着用による目のトラブル相談が寄せられています。特に、最近5年間の間に70%以上の541件もの相談が集中しているとか。

では、具体的にはどんなトラブルが報告されているのでしょうか?

チェック

・痛くて目が開かない
・結膜炎になった
・目が充血する
・角膜に傷がついた
・眼球にカラコンのインクが付着した

上記のような目に関するトラブルがある人の間で、あることが原因で起こっています。

カラコンがトラブルになる原因

カラコンによるトラブルが急増していることを受けて、5年前の2009年には度無しのカラコンの製造・販売には厚生労働省の許可が必要になりましたが、それでもトラブルは減りません。それどころか、右肩上がりで増え続けています。その原因を挙げます。

カラコン 危険 原因

・酸素が通りにくい素材を使っている
・カラコンのインクが眼球に付着する
・色素が落ちやすい粗悪品がある
・おしゃれ感覚で使う人が増えている
・雑貨屋はネット通販で手軽に購入できる
・眼科を受診せずに利用している

カラコンは雑貨屋や通信販売で誰でも手軽に購入することができます。
度無しのカラコンは厚生労働省の認可が必要になったとは言え、認可を受けている製品であっても必ずしも酸素透過性が高い物とは限りません。カラコンを綿棒で軽くこすっただけで、綿棒にカラコンの色が簡単につく粗悪品も出回っています。

本来、コンタクトレンズを購入する時には眼科を受診して処方箋を出してもらうのが鉄則。その人によってコンタクトレンズが装着できる眼球なのか、眼球のカーブの数値も異なります。それらは自分では分かりませんよね。きちんと眼科を受診して、その人に合ったカラコンの処方箋を出してもらうべきなのです。

国民生活センターの調査によると、カラコンの購入者の43.5%が眼科を受診しておらず、トラブルが発生している人はほとんどが眼科に行かずに使用している人です。

カラコンはソフトレンズです。ソフトレンズはレンズと眼球の間に小さな埃が入ったとしても痛みを感じません。ハードレンズだと猛烈に痛くなり、一度レンズを外して水洗いなりして埃を取らなければ装着できません。逆に言うと、ソフトレンズの場合、痛みを感じないのでそのまま装着することで、眼球に小さな傷が入るかもしれないということです。

だからこそ、コンタクトを装着する場合は普通のにしろ、カラーコンタクトレンズにしろ定期的な眼科の検査が大切なのです。

眼科が勧める安全なカラコンはどれ?

カラコン 安全 メーカー

カラコンを安全に使用するには、眼科で勧められるものを購入するのが一番!

眼科がこれなら安全に使用できるだろうと勧めるカラコンの特徴は、

・酸素透過率が良いもの
・色素部分がレンズ内に内包されているもの

上記を満たすカラコンで眼科で良く勧められているのが、ジョンソン&ジョンソンというメーカーの「ワンデーアキュビューディファイン」です。色素が目に触れないようにサンドイッチ構造になっていますし、UV対策もバッチリ。色素が付いているレンズ部分もきちんと酸素が通るようになっています。




ジョンソン&ジョンソン ワンデーアキュビューディファイン

処方箋を眼科でもらって通販で買う

通販や雑貨屋さんで手軽に買えるからこそカラコン愛用者が増えたわけですが、粗悪品を着用すると失明の危険性も・・・なんてリスクを考えると、今後はまずは眼科へ行くことが最優先です。

まず、カラコンの処方箋だけもらえるか電話で聞いてみましょう。
眼科と眼鏡屋さんが併設してあるところでは、処方箋のみの発行を断られることもあるようなので、併設していない眼科が良いかもしれませんね。

そして、その処方箋を使ってネットで購入しましょう。
眼科で購入するよりも安くカラコンが手に入りますので。

処方箋だけがどうしてももらえない!という場合は、眼科でお試しセットをとりあえず購入し、その後に購入するものをネット通販で安く買うという方法もあります^^

いずれにしても、一度眼科で処方箋をもらったからと安心せず、半年に1度は眼球に傷が付いていないかなどの定期検査を受けることを忘れずに!これはコンタクトを着用する人の宿命だと思いましょう。

私もコンタクトの検診が間が空いてしまうことがありますが、眼科の先生には「別に間が空いたからって怒らないですよ~。検査に来なくて何かあってもそれはご自身の責任なので。」と軽~く嫌味を言われます(苦笑)なので、検診は忘れずに行きましょう!!

 

五月病になりやすい人とは?症状・対策・予防法をチェック!

乾布摩擦ダイエット!2週間で5㎏減のその方法とは?

関連記事

  1. パンスターズ彗星の位置と時間帯をチェックしよう

    パンスターズ彗星が日本各地で観測されています。パンスターズ彗星とは、ハワイのパンスターズ1望遠鏡…

  2. これで熟睡!冬の寝付きを快適にする6つの方法

    夜寝るときに、足が冷たくて眠れない。寒くてなかなか寝付けない。冷え性の人は特に冬の睡眠には悩まされま…

  3. ヒスタミン中毒とは?症状・原因食品・予防法について

    はごろもフーズのシーチキンから、自社基準の10倍のヒスタミンが検出されたとしてはごろもフーズは3…

  4. PM2.5対策!類似品に惑わされないマスクの正しい選び方

    微小粒子状物質PM2.5の濃度が、過去最多の10都道府県で注意喚起がなされました。(H26年2月…

  5. 新型ノロウイルス

    食中毒予防対策 【最低コレだけは守りたい15のコツ】

    6月から患者が急増し、9月にピークを迎える食中毒。この時期は、気温や湿度が上昇することで細菌が活…

  6. 視力回復コンタクト”オサート” 驚愕の効…

    3月22日の金スマで「視力が驚異的に回復するコンタクト(オサート)」が取り上げられていました。い…

  7. 赤ちゃん体温計 おすすめはコレ!オムロン MC-682のここがス…

    赤ちゃんの体温測定に困った経験はありませんか?とにかくジッとしてくれない赤ちゃんの体温を正確に測…

  8. 制汗剤の選び方 殺菌能力だけで選んではダメ!

    暑さ本番の夏、気になるのが汗のニオイ。特に脇汗の臭いが男女ともに気になるところ。制汗剤で汗の臭い対策…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方
  3. 高血圧 カルシウム
  4. 耳鳴りがひどい

ピックアップ記事

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.