menu

乾布摩擦ダイエット!2週間で5㎏減のその方法とは?

昔から存在するタオル一本で出来る健康法「乾布摩擦」。
私も幼稚園の時は上半身裸になり、手ぬぐいで乾布摩擦をさせられていたのを覚えています。ウン十年も前の話ですが・・・。現在でも近所の保育園では毎朝園児たちが乾布摩擦をしています。その乾布摩擦が健康効果だけでなく、ダイエット効果もあるテレビで放送されていました!

乾布摩擦の効果

乾布摩擦ダイエット

乾布摩擦のダイエット効果を語る前に、乾布摩擦をすることで期待される効果を語らなければなりません。

乾布摩擦 効果 乾布摩擦の効果について

・迷走神経に作用して自律神経の働きを高める
・気管支喘息の予防
・皮膚を鍛える
・風邪予防
・冷え症対策
・ストレスに強い体になる
・低血圧の改善
・首こり、肩こりの改善
・不眠解消
・便秘解消
・花粉症などのアレルギー症状の緩和

乾布摩擦の狙いは、皮膚表面をこすって刺激を与えることで血流を良くしよう!というもの。血行が良くなると自律神経のバランスが整い、上記のような更なる健康効果が期待できます。

何かと気忙しい現代社会。
不摂生な食生活や不規則な生活スタイルで副交感神経が息をひそめ、交感神経が優位になりすぎている傾向があります。交感神経がピシーッと働きすぎると、免疫力が低下して病気になりやすくなったり、ストレスがどんどん溜まり不眠気味になったりと、健康的に何らいいことがありません。

昔から「乾布摩擦をすると風邪を引きにくい体になる」と言われてますよね。血流が良くなることで崩れている自律神経のバランスが整います。すると、ナチュラルキラー細胞が活性化し、免疫力が上がって病気をしにくい体ができます。冷え症が元になっている体調不良が改善されます。そして、花粉症などの原因となるアレルゲンを体内に取り込まない自己防衛力まで付くとか。

今年上半期で一番売れている健康本が発表されました。
それは「長生きしたけりゃふくらはぎを揉みなさい」。
これも、ふくらはぎを揉んで血流を良くすることで諸々も一緒に良くなりましょう!というもの。

昔からある王道の健康法「乾布摩擦」も、血流改善という点では同じなので馬鹿にできないかもですよね。

乾布摩擦でダイエットもできる!

乾布摩擦ダイエット 効果

乾布摩擦で得られる効果を語ったところで、いよいよダイエット効果です!

1日3分間、服の上からタオルで軽くこするだけ。

食事制限は一切なし。
これを2週間続けたところ、乾布摩擦ダイエット開始前は77.7㎏だったのが2週間後には5㎏減に!

乾布摩擦タダイエット 効果

乾布摩擦で血流改善
  ↓
新陳代謝が良くなる
  ↓
脂肪が燃焼される
  ↓
発汗作用が高まる
  ↓
痩せやすい体質になる

ダイエットと言えば食べたいものを我慢したり、やりたくもないウォーキングをしたり、なかなかストレスを伴うことが多いですよね。

でも、食事制限一切なしでタオルで乾布摩擦するだけなら、運動が苦手な人でも続けられますよね~。
テレビでは乾布摩擦を始めて10日目で効果をリアルに感じるようになったとか。2週間で5キロ減なら1ヶ月では・・・。

なんて単純計算はできないかもしれませんが、自律神経のバランスを整えることは健康面だけみてもプラスなのでチャレンジする価値は大ですね☆


DVD付き 本当はスゴイ! 乾布摩擦トレーニング

 

カラコン被害が急増中!カラコンは安全なメーカーのものを!

お中元の時期っていつからいつまで?マナーって知ってる?

関連記事

  1. 中国 鳥インフルエンザ治療薬として新薬ペラミビルを緊急認可!

    中国東部で感染が拡大している鳥インフルエンザH7N9型。4月7日現在で感染者数は20名、うち死者は6…

  2. 五月病になりやすい人とは?症状・対策・予防法をチェック!

    「仕事に行きたくないな・・・」「学校に行くのが面倒だ・・・」。ゴールデンウィークの長期の休みが明けて…

  3. ヘルパンギーナ 大人 症状

    大人も要注意!大流行ヘルパンギーナの症状と治療法

    ここ10年間で一番の大流行となっている夏風邪ヘルパンギーナ。過去3年くらいは大きな流行がなかった為、…

  4. pm2.5対応空気清浄機 スウェーデン イオンフロー50の凄さ

    黄砂に混じって飛来してくるPM2.5と花粉の影響で、空気清浄機が右肩上がりで販売台数を伸ばしています…

  5. 花粉症の人は要注意!口腔アレルギー症候群になるかも?

    花粉症と言えば、スギやヒノキなどの花粉が原因で鼻水やくしゃみが出るアレルギー疾患ですよね。花粉症の人…

  6. 真夏の突然死を防ぐ!血管年齢を若返らせる方法

    夏にこそ気を付けなければならないのが「突然死」。汗をかき水分不足になると血液がドロドロにになり、脳の…

  7. はちみつで中毒症状!? 海外産の○○植物の蜂蜜に要注意!

    海外産のはちみつで中毒症状が出たというニュースを見ました。東京都内に住む60代の女性が、東南アジ…

  8. 遺伝子検査で遺伝性乳がん・卵巣がんを予防

    体内時計、病気、瞳の色などを決める色々な遺伝子。なんとその数は2万数千種類にも及びます。この…

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.