menu

大人も要注意!大流行ヘルパンギーナの症状と治療法

ここ10年間で一番の大流行となっている夏風邪ヘルパンギーナ。過去3年くらいは大きな流行がなかった為、免疫を獲得する機会がなかったことが、今年の大流行になっているのでは?と言われています。
ヘルパンギーナは6歳未満の子供が感染しやすいのですが、流行期が夏休みと重なると親への感染が心配されます。ヘルパンギーナの症状や、大人が感染するとどうなるのか等をご紹介します。

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは、低温や乾燥を好むウィルス(コクサッキーA群)で、主な流行期は毎年6月~8月です。感染経路は便から口に入るタイプです。

ヘルパンギーナはドイツ語由来の言葉で、

ヘルペス(水泡)+アンギーナ(喉の炎症)

という意味があるように、喉に強い症状が現れます。

主な症状

・38度~40度の高熱
・喉が赤く腫れる
 (水を飲むだけで痛い)
・口の中や喉に水泡ができる

ヘルパンギーナの主な症状は上記の通りですが、最悪の場合は脳炎・髄膜炎・心筋炎の合併症を引き起こし、場合によっては命に関わることがあります。

大人も感染することがある

6歳未満の子供が感染することが多いヘルパンギーナですが、看病している間に大人が感染することもあります。大人が感染した場合は、子供よりも症状が重く出る場合が多いので注意が必要です。

ヘルパンギーナにかかったら?

ヘルパンギーナはワクチンや特効薬がありません。
ということは、熱を下げたり、喉の腫れを鎮める薬を飲んだりなどの対処療法しかありません。

熱は2~3日間程度続き、口の中や喉の奥にできた水泡が消えるのは1週間程度かかります。

水を飲んでも痛いぐらい喉が腫れて水泡が出来るので、小さな子供さんの場合にはのど越しの良い食べ物を食べさせるようにしましょう。

ヘルパンギーナ 食事食べやすいもの

・プリン
・ヨーグルト
・茶碗蒸し
・ゼリー
・雑炊 などなど

高熱も続くので、脱水にならないよう水分もしっかりと飲ませます。喉に水泡が出来ているので、オレンジジュースのような酸味のあるものは飲みにくいので、イオン飲料がおすすめです。

ヘルパンギーナの潜伏期間は?

一般的に潜伏期間は3日~5日、長くても1週間です。

ヘルパンギーナはやっかいなウィルス。
感染するとウィルスはなかなか死なず、症状がなくなったとしても、唾液中には2週間、便には1ヶ月もの間ウィルスが残り続けます。

予防法は?

ヘルパンギーナは飛沫感染なので、手洗いうがいが一番の予防法になります。

家庭内で子供が感染した場合、便の中にウィルスがたくさん存在するので、手洗いが重要なのは簡単に想像できますが、便が付いているのはトイレだけではないんです。

電車のつりかわやエスカレーターの手すりなどの細菌を検出すると、そこには腸内細菌も存在します。腸内細菌は便の中に存在する菌なので、つりかわや手すりに便が付いているということですよね。

手についた菌を口の中に入れない為にも、手洗いはいつの時期でも必須ですね。

手足口病とは違います!

去年は手足口病が流行し、今年はヘルパンギーナ。
どちらも同じウィルスの仕業ですが、大きな違いは水泡の出る場所です。
手足口病はその名の通り、手のひらや足の裏に水泡が出て、ヘルパンギーナは口の中や喉の奥です。

余談になりますが、我が家の場合、手足口病と診断された後に水疱瘡だった・・・なんてこともありました。

まとめ

夏休みは子供たちが多く集まる場所は菌も多く集まります。できるだけシッカリと子供さんには手洗いとうがいをさせて、菌をもらわないようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日光アレルギーとは?紫外線対策を怠るとこんなことも・・・

結婚しましたハガキ 年賀状結婚報告を兼ねた写真入り年賀状。安さとクオリティ、どっちを選ぶ?

関連記事

  1. 紫外線 曇りの日

    曇りの日でも紫外線対策は必要!UVAは5月がピーク!!

    日差しがギラギラと照りつける7月8月になると「日焼け注意!紫外線対策しなくちゃ!」と自然に思わせてく…

  2. マダニ ライム病

    マダニに刺されてライム病!症状・治療法・予防法について

    『カナダのロック歌手 アヴリル・ラヴィーンさんが、ライム病で5か月間闘病していた。』というニュースを…

  3. 虫刺されで腫れがひどい。もしかしたら、蚊アレルギーかもしれません…

    蚊にさされると赤く膨れてかゆみを伴う発赤が出て、時間の経過と共に症状は治まりますよね。しかし…

  4. 更年期障害の原因・症状・治療法について

    更年期の年齢域は、個人差があるものの45~55歳と言われています。42歳前に閉経してしまうと「早発閉…

  5. サルコペニア肥満とは。メタボよりも危険!? 原因・診断・対策につ…

    最近耳にするようになったサルコペニア肥満という言葉。情報番組「とくダネ!」で紹介されて話題になってい…

  6. 花粉症の裏技を明かします!花粉症と戦う10の方法

    スギ花粉の飛散が始まりましたね。今年は昨年の7倍もの花粉が飛散すると予測が出ています。また、…

  7. マダニ ライム病

    マダニに刺されたら? 症状・治療法・予防について

    マダニを媒体として感染するとされているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)で、山口県内の60代女性が…

  8. 新型ノロウイルス

    新型ノロウイルスが大流行?症状と予防法について

    秋から冬にかけて本格的に流行するノロウイルス。ノロウイルスに感染すると、激しい嘔吐や下痢を引き起こし…

最近の記事

ピックアップ記事

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.