menu

ニキビと思ったら肌カビだった!?治療法と対策をご紹介

髪の生え際のおでこ、胸元、背骨の通ってる背中のくぼみなどに赤いブツブツ。「あ~、ニキビができた」「こんなところに吹き出物が・・・」なんて思っている方。もしかしたら、その正体はアクネ菌が原因のニキビではなく、マラセチア菌という肌カビの仕業かもしれません。『え?肌にカビが生えるの??』と、ちょっと驚きですよね。汗をたくさんかく時期になると、この肌カビによる皮膚トラブルを抱える人が多くなります。ここでは、肌カビとはどんなものか、その治療法や対策についてご紹介します。

肌カビとは

肌カビ

肌カビとは、カビの一種であるマラセチア菌が異常繁殖することで、皮膚に炎症が起こる皮膚トラブルです。

マラセチア菌は誰もが持っている菌(常在菌)で、正常な数値であれば何の問題もないカビ菌です。しかし、このマラセチア菌は皮脂が大好物。元から皮脂の分泌量が多い人に起きやすい肌カビですが、夏場のたくさん汗をかく時期になると、皮脂分泌量の少ない人でも大量の汗で菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

肌カビの原因菌であるマラセチア菌には、「マラセチア・グロボーサ」「マラセチア・シンポディアリス」「マラセチア・ダーマティス」「マラセチア・ファーファー」「マラセチア・レストリクタ」の5種類があり、特に「マラセチア・ファーファー」が異常繁殖して毛穴に入り込むと、異物と判断されて炎症反応が起きてニキビ様の赤い湿疹ができます。

肌カビが出来やすい場所

・胸元
・背中
・おでこ
・顔
・脇下
・ひじ
・胸の下

肌カビは汗をたくさんかく場所、汗が溜まりやすい場所、汗を小まめに拭き取ることができない場所に出来やすいのが特徴です。

肌カビの治療法

肌カビが原因で起こるマラセチア毛包炎になった場合は、マラセチア菌に効果のある抗真菌外用薬、症状によっては内服薬が皮膚科で処方されます。

ニキビと間違えられることもある肌カビですが、アクネ菌に効果のあるニキビ薬は肌カビには効果を発揮しません。自分で「ニキビができた」と思い、薬局でニキビ用の塗り薬を塗っているのに一向に症状が良くならないという場合は、マラセチア菌が原因の肌カビかもしれません。

一番良いのは、やはり皮膚科を受診してニキビなのか、肌カビなのかをきちんと見極めてもらい、症状にあった薬を処方してもらうことをオススメします。



肌カビの市販薬

それでも、どうしても病院へ行く時間が取れないことってありますよね。土曜日も午後は休診で、日曜日も休診。仕事が忙しく、熱が出ているならまだしも、肌に湿疹が出来ているというだけで病院へ行く時間は取れない・・・。

そこで気になるのが市販薬ですよね。

マラセチア菌にはイミダゾール系の軟膏を使います。イミダゾール系の塗り薬は、水虫やカンジダ症の治療にも使われる薬で、ドラッグストアで購入することができます。ドラッグストアに常駐している薬剤師さんに「イミダゾール系の軟膏は?」と聞けば、オススメを教えてくれると思います。

症状と薬が合致していれば、2~3週間塗り続けることで症状は完治しますが、合わないようであれば、原因菌が違う皮膚トラブルかもしれないので、皮膚科をきちんと受診するようにして下さい。

肌カビにならないための予防・対策

汗はこまめに拭き取る

汗をかいたら小まめに拭き取るようにしましょう。汗をすぐに拭き取らずに自然乾燥させてしまうと、皮脂が肌に残ります。肌カビの原因であるマラセチア菌は皮脂を好むカビなので、肌に残った皮脂を栄養としてどんどん繁殖してしまいます。

特に上述にもあるように、肌カビが出来やすい場所で汗を拭き取りにくい場所は注意が必要です。

皮脂を落としすぎない

マラセチア菌は皮脂を食べて繁殖するのだから、皮脂はできるだけ落とした方がいいのでは?と思いますよね。

でも、皮脂を落としすぎて適量な皮脂がなくなると肌が乾燥してしまい、皮膚が乾燥を防ごうとして勝手に皮脂をどんどん作り出そうとします。皮脂は乾燥から肌を守る働きもあるので、過剰に落としすぎると、かえって皮脂を出そう出そうとする働きが活発になり、皮脂を落としたはずが逆に増えてしまったということになります。

したがって、洗いすぎは禁物です。

特に、顔やおでこに赤いブツブツが出来た場合、1日に何度も洗顔したくなりますが、1日1回~2回程度が限度です。もともと皮脂が少ない人は、Tゾーンを中心に洗顔料で洗い、他は湯ですすぐだけで十分です。また、洗顔料は必ずネットで泡立ててから使いましょう。クリーム状のまま手のひらで少し泡立てただけだと、洗顔料が皮膚に残りやすくなり、これも肌カビの原因となってしまいます。

また、洗顔料が残りやすい生え際はしっかりと洗い流し、タオルで丁寧に拭き取りましょう。

肌に触れるものを清潔に保つ

直接肌に触れるものは清潔に保ちましょう。例えば、お化粧をする時のパフ。みなさんはどのぐらいの頻度で洗っていますか?パフを洗わずに使い続けると、パフに皮脂が付着したままになるので、色んなカビ菌や雑菌が繁殖し放題!パフは100均で買って使い捨てにするとか、1週間に1回程度は洗うようにするなど、清潔に保つことが大切です。パフを洗った後は、必ずしっかりと乾燥させて下さい。くれぐれも生乾きの状態で使わないようにしましょう。

肌に直接触れるものとして、もう一つ。それは枕カバーです。枕カバーは面倒でも毎日新しいものを使うことが大切です。今は、カバーの上にバンドでひっかけるだけのカバーオンカバーもあります。これなら毎日洗濯して取り換えても手間ではないので、お勧めです。

あとがき

カビと聞くと、じめじめと湿気の多い所に黒く伸びるあのイヤなカビがイメージできるので、「肌にカビ!」と聞くと本当に嫌な気分になりますよね。

肌に、マラセチア菌やニキビの原因菌であるアクネ菌、黄色ブドウ球菌など多くの皮膚常在菌と言われる菌が存在しています。これが何らかの原因でバランスが崩れると、菌が異常繁殖を起こして皮膚に何らかの症状を引き起こします。

バランスが崩れる原因はそれぞれですが、肌カビになる原因は前述の通りです。できるだけ小まめに汗を拭き取り、肌を過剰にならない程度に清潔に保つことを心掛けて、汗による皮膚トラブルを乗り切りましょう。



赤ちゃん肌にも安心して使える全身保湿剤が、
どんな人の、どんな部位にも使えて万能です☆

 

真夏の突然死を防ぐ!血管年齢を若返らせる方法

生トマトは不経済?ケチャップでリコピンを効率的に摂る方法!

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方

ピックアップ記事

  1. 紫外線対策

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.