menu

ズキズキと脈打つ頭痛は片頭痛かも?その原因と治し方について

片頭痛持ちの人の数は何と840万人もいるとか。こめかみがズキズキしてきて、頭の中に心臓があるみたいに痛みが脈を打ち始め、全てのやる気を頭痛が持っていってしまう。本当に頭痛って辛いです。

毎朝、NHKの朝ドラを見るのが習慣の私ですが、その流れで見ていたNHKあさイチで「片頭痛」について特集していたので、備忘録も兼ねて書き残します!

病院をあちこち回るも原因不明で

片頭痛 治し方

私、若い時は頭痛持ちじゃなかったんです。

上の子が4歳・下の子が1歳というバリバリ手がかかり放題で育児に必死だった時からかな~。頭痛に悩まされるようになったのは。

始めは頭痛だけだったので市販の頭痛薬を飲んで過ごしていたのが、だんだん頭痛薬では痛みが治まらなくなり、痛みがひどくて吐き気はするし、あげく、耳鳴りや目まいもして家事も育児もままならない状態にまで陥って。

で、あちこち病院を巡りました。

内科→頭痛薬をもらう。
耳鼻科→メニエール病だと言われる。
脳神経外科→MRI異常なし。
内科→自律神経と精神安定剤を処方される。

頭痛以外の症状が加わって辛くなっていく度に、不安に不安が重なって「早く誰か治して!」って感じで病院を転々とし、最終的には「病んでる」って思われたのか?って感じ。

その当時、旦那さんは単身赴任中で実家からも遠く離れ、疲労やストレスでオーバーフローしちゃったのかな~。安定剤・漢方薬・頭痛薬を飲みながら、その時期を何とか乗り越えました。

結局は何が原因だったのかハッキリしないままだったけど。

でも、今日のあさイチ「片頭痛特集」を見た時に、自分もそうだったのかもな~って思いました。

片頭痛のメカニズム

片頭痛のメカニズムはまだ解明されてないけど、多分こういうことじゃないかな?ってのがこれ。

頭の中には三叉神経という太い神経があって、それが脳内の血管にくっついて存在。その三叉神経が色々な原因によって刺激を受けると、血管を拡張させたり、血管周りに炎症を起こしたりする。すると、三叉神経は「痛い」という信号を脳に出してしまい、脳が痛いと感じて頭痛になる。

これが片頭痛が起きる仕組みなんだそう。

片頭痛の症状

そして、片頭痛によく見られる症状がこれ。

・こめかみの辺りが締め付けられるように痛い
・脈を打つようにズキンズキンとした頭痛がする
・頭を動かすと痛みが更に強くなる
・吐き気や嘔吐
・光や音をうるさく感じることがある
・ギザギザした光が目の中で見える

この中でも片頭痛の典型的な症状が、脈打つような頭痛と吐き気。私はギザギザした稲妻のような光が目の端に見えることもありました。

片頭痛を引き起こす原因

片頭痛のメカニズムでもお話したように、片頭痛はある原因が刺激となって血管が拡張したり、血管周辺に炎症が起きたりするわけですが、「刺激となる原因」は本当に色々あり、人によって原因が異なるのが特徴です。

では、どんなことが原因となりうるのか。

・ストレス
・ストレスから解き放たれた開放感
・空腹
・寝過ぎ
・寝不足
・騒音
・まぶしい光
・強い臭い
・気候、気圧の変化
・月経
・排卵
・特定の飲食物
・肩や首の凝りや痛み
・人混み

このように、本当に原因の元となるものは人によって様々です。中には真逆のことなのに、どちらも片頭痛の原因になるということも。

ある人にとってはストレスを感じている時に頭痛が起こるけれど、ある人にとってはストレスから解放されてホッと一息ついた時に頭痛が起きる。ある人にとっては雨の日に頭痛になりやすいが、ある人にとっては晴れの日の方が頭痛になりやすい。

このように片頭痛の元となる原因は、コレといった一貫性がないのが困りもの。そんな困りものを追及して、片頭痛の治療に一役買うものがあります。

それが頭痛ダイアリーです。

頭痛ダイアリーで原因を追究

頭痛ダイアリー
いつ、どんな時に頭痛が起きたのか頭痛日記を付けてみるんです。頭痛の有無や強弱だけでなく、睡眠不足だとか日常生活のちょっとした気付きもプラスしながら。

そうすることで、1ヶ月、2ヶ月つけ続けてみると、どういった時に頭痛が起きているのか、自分なりの一貫性を見つけることができるんです。

意識してなかったけど、生理期間中に起きやすいことがわかった。雨の日に起きやすいことがわかった。疲れが溜まっている時だった。睡眠不足の翌日は必ず頭痛がした。

などのように、自分なりの原因を見つけることができるんです。

この自分なりの原因を見つけることができたら、頭痛が起きないように自分で予防することができるようになります。

疲れが頭痛とリンクするのであれば、できるだけ疲れをとる工夫をする。睡眠不足が頭痛とリンクするのであれば、しっかり睡眠が取れるよう時間の工夫をする。

こういった工夫をすることで、少しでも片頭痛を起こす頻度を減らすことができたらよいですよね。

この頭痛ダイアリーは、日本頭痛学会のHPからダウンロードできます。

片頭痛の治し方

片頭痛 薬
片頭痛は立派な病気なので、片頭痛と診断がつけば治療することができます。

軽度の頭痛は鎮痛薬で

軽度の頭痛の場合は、鎮痛薬で治療をします。

片頭痛は三叉神経が刺激を受けて血管周辺に炎症が起きることで発症すますが、鎮痛薬はその炎症に直接作用して炎症を静めてくれます。

頭痛の程度が軽い場合は、鎮痛薬だけで症状を緩和させることができます。

頭痛が重い時

鎮痛薬を飲んでも頭痛が軽減されない重度の場合には、片頭痛用の内服薬トリプタンを服用します。

鎮痛薬は炎症を静めることで頭痛を軽減させる作用でしたが、トリプタンは拡張した血管を収縮させて頭痛を抑える作用があります。

頭痛の元になっている拡張した血管を収縮させて、頭痛を抑えようという薬なので、血管が収縮したら困る病気を持っている人はトリプタンは使えません。

・心筋梗塞
・狭心症
・脳梗塞
・コントロールできていない高血圧

上記に該当する人はトリプタンは使用できないので注意が必要です。

トリプタンは頭が痛くなりはじめたら直ぐに服用すると効果を発揮する薬で、片頭痛に悩まされてきた人を救済してくれる薬ですが、月に9日しか服用できないという上限があります。

9日以上服用すると、薬の効能とは逆に頭痛が余計酷くなってしまうという悪循環にはまります。

でも、中には本当に片頭痛がひどくて、頭痛ダイアリーをつけてみたら月の半分以上は頭痛なんですけど!という方もいます。

毎月15日頭痛がある日とは、毎月9回より以上の片頭痛は我慢しなくちゃいけないのでしょうか?

頭痛の回数が多い時

頭痛が頻繁に起こる人の場合には、片頭痛を予防する薬を服用します。

頭痛が頻繁に起きると、ほんの少しの刺激でも「痛い!」と敏感に脳が反応しすぎてしまい、本当なら頭痛に感じるまでいかない刺激でも頭痛と判断されてしまいます。

そこで、脳が敏感になりすぎている状態を元に戻す薬を服用します。些細な刺激を痛いと判断しないようにして、片頭痛を予防するという仕組みです。

予防のために一生飲み続けなければいけないわけではなく、脳の敏感さが元に戻りさえすれば、薬をやめられます。

このように片頭痛だと診断がされれば、きちんと頭痛をコントロールできるよう治療ができます。そのためにも、頭痛で悩んでいる場合は、たかが頭痛でなんて思わずに、頭痛専門医のいる頭痛外来を受診することをおすすめします。

あとがき

鎮痛剤を飲み過ぎたら薬が効かなくなるんじゃないかと思って、脳回数を減らしたり、飲むタイミングをギリギリまで我慢しがちな片頭痛。

でも、これが実は片頭痛を余計に治りにくくさせることになってるんですよね。

片頭痛はきちんと治療すれば治ります!頭痛の中には深刻なことが原因で起きることもあるので、できれば頭痛専門医がいる病院を受診して、自分の頭痛が何によるものなのかを把握することから始めましょう。

 

高血圧 カルシウム高血圧なのに塩分を気にしなくても良くなる魔法の栄養素とは

ムーミン 財布MOOMIN(ムーミン)本革長財布 宝島のムック本レビュー

関連記事

  1. 花粉症 裏ワザ

    花粉症の裏技を明かします!花粉症と戦う10の方法

    スギ花粉の飛散が始まりましたね。今年は昨年の7倍もの花粉が飛散すると予測が出ています。また、…

  2. マラセチア菌 ニキビ

    背中や胸のニキビが、実はカビのマラセチア菌が原因!?

    汗をかく季節になると、胸の上部や背中に赤いニキビのようなブツブツが出来ることありませんか?これ、大人…

  3. 秋バテ解消法

    秋バテを放置すると危険!秋バテの原因・症状・解消法について

    秋バテという言葉を聞いたことありますか?9月下旬あたりから秋バテと思われる症状で医療機関を訪れる人が…

  4. たけしの家庭の医学 片頭痛

    偏頭痛の人は心臓に穴!?

    片側のこめかみ部分がズキンズキンと脈打つような痛みが続く片頭痛。国内の推定患者数は約840万人。…

  5. 40歳 女性 がん検診

    知らないと損する! 女性のためのがん検診

    みなさん、健康診断を受けてますか?40歳を過ぎるとがんのリスクが高くなる為、各自治体からがん検診…

  6. はしか 大人 症状

    はしか流行!大人がはしかに罹ったら・・・ 症状と予防法をチェック…

    非常に強い感染力を持つ麻疹(はしか)。その感染力の強さは、はしかの免疫を持っていない人の中に…

  7. 乾布摩擦ダイエット

    乾布摩擦ダイエット!2週間で5㎏減のその方法とは?

    昔から存在するタオル一本で出来る健康法「乾布摩擦」。私も幼稚園の時は上半身裸になり、手ぬぐいで乾…

  8. 風疹ワクチン 品薄

    風疹ワクチンが不足!MRワクチンで対応も

    大人の風疹患者が増え続けています。年々右肩上がりで風疹患者数が増えているのですが、何と今年は去年同時…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方
  3. 高血圧 カルシウム
  4. 耳鳴りがひどい
  5. エスタ申請 日本語

ピックアップ記事

  1. かくれ脱水
  2. 40歳 女性 がん検診
  3. 脇汗 対策 女
  4. 耳鳴りがひどい

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.