menu

みかんの驚きの効能!みかんで骨粗しょう症予防!?

冬を代表する果物「みかん」。
みかんはビタミンCの宝庫で、風邪をひいた時や予防に食べると良いと言われています。
実は、みかんには発がん抑制、抗酸化作用、骨粗しょう症予防など、隠された効能があるのです。

みかんの種類いろいろ

“みかん”と一般的に呼んでいるのは温州(うんしゅう)ミカンですが、
みかんの種類、実に色々あるんですよね~。
 

温州みかん
産地は愛媛県が有名。極早生・早生・中生・晩生の順に市場に出回る。
βクリプトキサンチンの含有量はダントツ。
紀州みかん
30~60g程度の大きさで”小みかん”とも呼ばれる。
熊本県や和歌山県で多く栽培され、甘みが強く酸味が少ないみかん。
ポンカン
インド原産のみかんで、βクリプトキサンチンが豊富。
主な原産地は、愛媛・鹿児島・熊本県。甘く、酸味が少ないみかん。
マーコット
ミカン類×オレンジ類の交配で、原産地はアメリカ。
主な産地は九州・四国地方。糖度が高く、濃厚でコクがある。
伊予かん
ミカン類×オレンジ類の交配。愛媛県伊予市で栽培。
250g程度の大きさで、果皮が厚めのみかん。
不知火(デコポン)
ポンカン×清見の交配種で、主な産地は熊本県と愛媛県。
230g程度の大きさで、頭が出っ張っているのが特徴。

一部をご紹介しましたが、交配種を含めると本当にたくさんの種類があります。
 

みかんの栄養素について

みかん 栄養 効能

みかんの注目されている栄養素をご紹介します。
 

ビタミンC 効能ビタミンC

・コラーゲンの合成促進
・LDLコレステロールの酸化防止
・ホルモンの合成促進
・鉄の吸収促進
・メラニン色素沈着の抑制
・壊血病(皮下や歯茎から出血する病気)の予防

 

βクリプトキサンチン 効能βクリプトキサンチン

・骨を壊す破骨細胞の働きを抑制(骨粗しょう症予防)
・抗酸化作用(老化防止や風邪予防)
・発がん性物質の抑制

 

ヘスペリジン 効能ヘスペリジン

・毛細血管の強化
・抗アレルギー作用
・抗ウィルス作用
・ビタミンCの吸収を高める
・高血圧を予防

 

みかんの色素成分のβクリプトキサンチンは、カロテノイドの一種。
カロテノイドは抗酸化作用が高く、
カロテノイドの血中濃度が高い人は、動脈硬化や糖尿病のリスクが低いことが判っています。
 

また、最近特に注目されているのが、骨粗しょう症の予防効果です。
ビタミンCも骨のコラーゲン合成には不可欠な栄養素で、
これにβクリプトキサンチンが加わることで、より丈夫な骨を維持することができます。
 

みかんの効能を得るために必要な1日の摂取量

みかん1日に何個食べたらいい

1日に3個食べると、βクリプトキサンチンの効果が期待できます。
 

 
ビタミンC+βクリプトキサンチン=骨粗しょう症予防

ビタミンC+ヘルペリジン=免疫力upで風邪予防

 

ヘスペリジンは筋や内袋に多く含まれているので、それごと食べるのがオススメ。
 

よく昔から「みかんを食べすぎると手が黄色くなる」と言われますよね。
これ、「柑皮症」と呼ばれるもので、皮膚が黄色くなる症状が出ますが、
みかんを食べるのをやめれば自然と治ります。
 

みかんは1日最高何個までなら食べていいの?と思いますが、
みかんは食べ過ぎると体を冷やしてしまいますので、
やはり1日2~3個程度にとどめておいた方が良いでしょう。
 

忘れてはいけない!みかんの皮の効能

みかんの皮 利用方法

みかんを食べた後の皮、どうしてますか?
普通は捨てますよね。
 

でも、それはとても勿体ないことなんです!
 

みかんの皮は果実よりも栄養が豊富で、
特にポリフェノールの含有量が圧倒的に多いのです。
 

とはいえ、みかんの皮を丸ごと食べることは抵抗ありますよね。
テレビでよく拝見する南雲先生は、みかんは皮ごと食べるそうですが、
胃腸の弱い方がマネをすると逆に胃を痛めてしまうそうなので要注意です。
 

では、どうしたら?
 

みかんの皮をよく洗って、2~3日天日干しにして乾燥させます。(陳皮)
それを刻んでカップに入れて、お湯を注いで飲んだり、
ミキサーで粉状にして調味料としても使えます。
 

また、みかんの皮にはリモネンやテルピネンなどの精油が含まれていますので、
みかんの皮をガーゼ等の袋に入れて、お風呂に入れて揉みこむことで
お湯にみかんの成分が溶け出し、血行改善に役立ってくれます。
 

あとがき

やはり旬のものを旬の時に頂くというのは、理に適ってることなんですね。
 

みかんは冬のもの。
冬は空気が乾燥しウィルスが繁殖しやすい季節。
 

その時に抗ウィルス作用や免疫力UP作用のあるみかんを食べることで、
風邪予防という仕事を担ってくれているんですね。
 

抗酸化作用も高く、骨粗しょう症の予防にもなるみかん。
 

余すとこなく使えるみかん。
皮も利用してみかんの恩恵をバッチリ受けたいですね。
 

 

大人の風疹 大流行風疹が大流行!25歳~35歳の人は要注意!!

冬季うつ病とは冬季うつ病 深刻化に注意!冬でもお日様に当たりましょう

関連記事

  1. 秋バテ解消法

    秋バテを放置すると危険!秋バテの原因・症状・解消法について

    秋バテという言葉を聞いたことありますか?9月下旬あたりから秋バテと思われる症状で医療機関を訪れる人が…

  2. 子宮頸がんワクチン 定期接種 拒否

    子宮頸がんワクチンの定期接種を拒否する選択も

    子宮頸がんを予防する「子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)」を接種した後に、体の強い痛みやけいれん等…

  3. 認知症 初期症状

    若年性認知症の初期症状は?予防のために出来ること

    65歳以下で発症する若年性認知症。認知症はいかに早期に発見できるかが、認知症の進行を最小限に…

  4. みんなの家庭の医学 便秘 ひねり体操

    自律神経や姿勢が崩れると便秘になる!簡単ひねり体操で便秘解消!!…

    国民病と言ってもいいほど、便秘で悩んでいる人が年々増え続けています。便秘を放置しておくと大腸がん…

  5. マラセチア菌 ニキビ

    背中や胸のニキビが、実はカビのマラセチア菌が原因!?

    汗をかく季節になると、胸の上部や背中に赤いニキビのようなブツブツが出来ることありませんか?これ、大人…

  6. 冬季うつ病とは

    冬季うつ病 深刻化に注意!冬でもお日様に当たりましょう

    "冬季うつ病"ってご存知ですか?冬季特有の心身の不調。春になると自然と治る"うつ病"ですが、認知…

  7. 花粉症 裏ワザ

    花粉症の裏技を明かします!花粉症と戦う10の方法

    スギ花粉の飛散が始まりましたね。今年は昨年の7倍もの花粉が飛散すると予測が出ています。また、…

  8. 低血糖とは

    低血糖になるとどうなるの?気になる症状と原因をチェック!

    大阪の御堂筋で車の事故がありました。運転手が糖尿病を患っているとかで、低血糖による意識障害が関係して…

最近の記事

  1. ムーミン 財布
  2. 片頭痛 治し方
  3. 高血圧 カルシウム
  4. 耳鳴りがひどい
  5. エスタ申請 日本語

ピックアップ記事

  1. 風疹 予防接種 大人
  2. 鳥インフルエンザ 予防 マスク
  3. つむじ風と竜巻の違い
  4. サーキュレーターと扇風機の違い
  5. 花粉症 掃除

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.