耳鳴りの原因 “キーン”や”ジー”という音はストレスのせい?

キーンという耳鳴り、蝉が鳴くようなジーという耳鳴り、ボーという低い音の耳鳴り。
色んな音の耳鳴りがありますが、静かな夜には特に気になって仕方ないですよね。
耳鳴りは本当に不快です。日本人の10人に1人は耳鳴りがあると言われる程、
耳鳴りで悩む人は多いのです。耳鳴りの原因、聴こえてくる音の種類で原因となる病気が
ある程度特定できるのです。

スポンサードリンク

耳鳴りの原因 あなたの耳鳴り、どんな音?

耳鳴りの原因 治療法
 

耳鳴りの音 キーンと高い音キーンと高い音の耳鳴り
 

キーンという高い音の耳鳴りは、加齢と共に耳の機能が衰えると聞こえやすい音です。
耳鳴りは聴力が低下し聞こえなくなった周波数の音が聞こえるので、
高い音を聞く聴力が低下すると、高い音の耳鳴りがします。

 

老人性難聴や突発性難聴、自律神経失調症で良く聞こえる耳鳴りで、
睡眠不足やストレスなどでも一時的に聞こえます。

 

耳鳴り ジーと蝉の鳴くような音ジーと蝉の鳴くような音の耳鳴り
 

突然耳の聴こえが悪くなる突発性難聴などで起こりやすい耳鳴りです。

 

突発性難聴とは、突然片側の耳の聞こえが悪くなる病気で原因は不明。
悪化すると治療が困難になるため、少しでも早く病院へ行くことが
聴力を元に戻す最大の対処法になります。

 

耳鳴り ボーという低い音の耳鳴りボーという低い音の耳鳴り
 

めまいを伴うメニエール病などの病気で起こりやすい耳鳴り。
メニエール病も進行すると治療が難しい病気です。

 

また、低音部が聞こえにくくなる低音難聴の前兆でも聞こえる耳鳴りです。
耳閉感を伴うことが多い耳鳴りです。

 

耳鳴りを伴う病気は早期発見・早期治療が何よりも大切

耳鳴り 早期発見 早期治療
 

 
1.半日以上耳鳴りが治まらない
2.片耳だけ耳鳴りがする
3.めまい・難聴を伴う
 

 
この3つの条件に当てはまる場合は、すぐに耳鼻咽喉科を受診することが必要です。
特に聴力低下に関しては、発症からどれだけ短時間で治療に入れるかで
聴力が元に戻るか、戻らないかが決まります。
 

家庭でできる耳鳴りの対処法

耳鳴りの対処法 改善方法
 

耳鳴りの改善策 肩こりや睡眠不足に気を付ける肩こり・睡眠不足に注意する
 

耳鳴りを感じやすい身体の状態と感じにくい身体の状態があります。

 

耳鳴りを感じやすい身体の状態は、
肩こり・睡眠不足・風邪・眼精疲労・ストレスなどです。
自律神経が過剰に働き、脳の感覚処理が過敏となり耳鳴りを感じるようになります。

 

耳鳴りの改善策 血行を良くする血行を良くする
 

耳に行く血流が悪化することで難聴・耳鳴りなどの症状が出ます。
血流を良くすることで耳鳴りが改善する可能性があります。

 

適度な運動や入浴などが効果的です。
また、耳の後ろを温めることも有効です。
頭に血液を送る太い動脈が耳の後ろを通っているため、
温めることで耳への血流も良くなります。

 

耳鳴りの改善策 テレビの音を利用するテレビの音などを利用する
 

耳鳴りは静かな夜や寝る前に、より聞こえやすくなります。
テレビの音や音楽を聞きながら寝ると、耳鳴りが聞こえにくくなります。

 

「耳鳴りがして眠れない」と思う事で、ますます耳鳴りに神経が過敏となり
悪循環に陥ります。
耳鳴りは神経質になりすぎず、上手に付き合うことが改善のコツです。

 

あとがき

耳鳴りは本当に不快です。
頭の中でずっとある一定の音が鳴り続けるため、気分も鬱々としたものになります。
 

私も随分長い間、耳鳴りに悩まされてきました。
突発性難聴・低音難聴・メニエール病など患った経験があります。
突発性難聴も気付くのが早かったので、聴力は無事に戻ったのですが、
しばらくの間はずっと耳鳴りとめまいの後遺症に悩まされました。
 

病院を転々とし、色々な治療法を試す中で、
私の場合ですが、ある一つの対処法にたどり着きました。
一時期的に耳鳴りがしたとしても、すぐに耳鳴りは消えます。
 

その方法が「葛根湯」という漢方薬です。
 

私の場合、長時間のパソコン作業によるストレスで慢性的に肩こりがあるのですが、
この肩こりが酷くなり肩から首周辺の血行が悪くなった時に耳鳴りがします。
耳鳴りがすると同時に低音部が聞こえなくなります。
その時にすかさず「葛根湯」をお湯に溶かしてゆっくり飲みます。
すると血流が改善され、肩こりや耳鳴りが解消されるのです。
 

葛根湯は風邪薬というイメージが強いと思いますが、
肩こりにも良く聞く漢方薬なのです。
 

肩こりや血行不良で耳鳴りが生じているタイプの方は
「葛根湯」を試してみるのも良いと思います。
ドラッグストアでも購入できますが、一度医療機関で診察を受けて
病院で葛根湯を処方してもらった方が、はるかに安いです。
 

なにはともあれ、耳鳴りは何かのサインです。
放置せずに一度病院で相談されてみて下さい。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る