熱中症予防対策にミネラル入り麦茶が効果的!

熱中症予防対策にミネラル入り麦茶が効果的!

連日のように熱中症で病院に搬送されるというニュースを耳にします。
熱中症予防には「水分・塩分」というのは周知のことですが、
私たちに最も身近な飲み物「麦茶」に熱中症を予防する効果があることが判りました。

ミネラル入り麦茶の熱中症予防効果

熱中症は、大量の汗とともに身体の水分・ミネラルが体外へ流出することで
めまい・頭痛・吐き気・意識障害などが引き起こされます。

体温調節はミネラルが司っているため、
ミネラルが不足することで体温調節機能が停止し、
身体に熱がこもってしまいます。

ミネラルは人間が生きていく上で必要な5大栄養素の一つです。
しかし、ミネラル(ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど)は体内で生成されません。
食品など外部から摂取する必要があります。

そこで注目されているのが、ミネラル入り麦茶なのです。
ミネラル入り麦茶なら、熱中症予防に大切な水分とミネラルの両方を同時に摂取できます。

水とミネラルを補えばいいのなら、
ミネラルウォーターでもいいのでは?と思う方もいらっしゃいますよね。
下の表をご覧ください。

 

ミネラル入り麦茶を飲んだ場合 胸部・腹部の体温が1.7℃低下
ミネラルウォーターを飲んだ場合 体の体温が0.6℃上昇

赤穂化成株式会社が行った実験結果によると、
上記の表を見て頂くとお分かりのように、
ミネラルウォーターを飲んだ場合は、逆に体温が上がってしまっています。

なぜ、ミネラルウォーターを飲むと体温が上がり、
ミネラル入り麦茶なら体温が低下したのか。
これは「麦茶」に秘密があるのです。

 

麦茶の効能

麦茶には「夏」のイメージがありませんか?
年中手に入るお茶ではありますが、冷えた麦茶は夏によく飲まれます。

これは、麦茶の効能に一致しています。

 

ミネラル麦茶 効能麦茶の効果・効能
 

・身体を冷やす(体温低下)
・血液をサラサラにする(心筋梗塞・脳梗塞予防)
・抗酸化作用で活性酸素を断ち切る(発がん性物質の抑制)
・夏バテ防止
・胃の粘膜を保護

麦茶には体温を下げる効能があります。

これが、ミネラルウォーターでは体温が上昇し、
ミネラル入り麦茶では体温が低下した理由です。

 

ミネラル入り麦茶で効果的に熱中症を予防するには

熱中症になると体の水分が不足し、血液がドロドロになります。
すると、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞の原因に繋がります。

ミネラル入り麦茶を飲むことで、
熱中症予防と血液サラサラ効果が期待できます。

更に効果をあげるためには、毎日ミネラル麦茶を飲むことです。
熱中症はその日だけの水分不足で起こるのではありません。
日頃の水分不足の蓄積で発症します。

従って、普段から水分とミネラルの補給をしておくことが、
熱中症予防の重要なポイントになるのです。

ミネラル麦茶はノンカフェインです。
赤ちゃんや妊婦さんでも安心して飲めますので、
夏場の水分補給は積極的に麦茶を取りいれたいですね。

 

熱中症で頭痛になった時の対処法を書いています。
↓↓↓
熱中症の頭痛にバファリンを飲んでも大丈夫?

これだけはチェック!熱中症の引き金「かくれ脱水」の症状
今年の夏は観測史上最も暑い夏になるという予測が出ているとか。年々、夏の最高気温が更新されている感じがするのに、せめて平行線で暑...

 

健康カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.