お中元の時期っていつからいつまで?マナーって知ってる?

お中元の時期っていつからいつまで?マナーって知ってる?

上半期の「ありがとう」という気持ちを込めて、お世話になった方々へ贈るお中元。一言で「お中元」と言っても、東日本・西日本で贈る時期が違うことをご存知ですか?ここでは、お中元をいつからいつまで贈ればいいのかをご紹介します。

お中元を贈る時期 いつからいつまで?

お中元 時期 いつからいつまで

お中元は日頃お世話になっている方に贈るもの。近所の方・両親・親戚・兄弟・会社の上司などなど。同じ地域に住んでいる方に贈る場合は、スーパーや百貨店にお中元コーナーが出来たり、新聞広告にお中元チラシを見かけたら送り時!と目安いにするといいですが、困るのが他の地域に贈る時です。

特に迷うのが、結婚して最初のお中元を贈る時。遠方に住む義両親や義兄弟に贈る時に、東日本と西日本とではお中元を送る時期が違います。ま、例え贈る時期が少しズレていたとしても「お中元」として送ってきたのは分かるのだから、受け取って悪い気持ちにはならないですけどね。

同じ贈り物をするなら、地域の習慣に合わせて送りたい!という方のためにザックリ一覧にしてみました。贈る時期に合わせて熨斗(のし)の表書きも違ってくるので、それも一緒に書いてます。

北海道編

時期 のし表書き
7月下旬~8月15日まで 御中元
8月16日~9月上旬まで 残暑御見舞・残暑御伺(目上の方)

北陸・関東・東海編

時期 のし表書き
7月1日~7月15日まで 御中元
7月16日~8月7日(立秋)まで 暑中御見舞・暑中御伺(目上の方)
8月7日(立秋)~9月上旬まで 残暑御見舞・残暑御伺(目上の方)

関西・中国・四国編

時期 のし表書き
7月15日~8月15日まで 御中元
8月16日~9月上旬まで 残暑御見舞・残暑御伺(目上の方)

九州編

時期 のし表書き
8月1日~8月15日まで 御中元
8月16日~9月上旬まで 残暑御見舞・残暑御伺(目上の方)

ザックリと地域別に一覧にしましたが、最近では西日本でも東日本なみに早めに送りたい!という方が増えているとか。

東京の百貨店でお中元コーナーが出来ると、それがお中元商戦開始!とニュースで流れたりしますよね。それを見ると、「あ、そろそろ我が家もお中元の手配をしなくちゃね!」なんて思うもの。そういうのも西日本地域でも早めに送るケースが増えている理由なのかもしれませんね。

お中元を送る時のマナー

お中元 送り状

送りつけて終わりにしない

お中元を渡す時、本来なら直接手渡しするのがベストですが、遠方などの理由で配送することもありますよね。そんな時は、品物と一緒に挨拶状を同封してもらうといいですね。

配送センターから直接物が出る場合は難しいですが、お店で包んで配送してもらう場合は挨拶状を持参すると同梱してくれます。

挨拶状の同梱が困難な場合は、お中元が届く前にお手紙でその旨を知らせておくと良いかな。特に贈り物が生ものの場合、先方がたまたま数日間不在で受け取りができず傷んでしまった・・・なんてことにもなりかねません。

実際、我が家でもそのようなことがありました。せっかく桃を贈って下さったのですが、長期不在で受け取った時には傷んでいた・・・という悲しい経験が(涙)

先方が喪中の場合

お中元は御祝い事ではないので、別に先方が喪中だとしても送ることは構いません。ただし、四十九日が済んでいない場合は、時期をずらして暑中お見舞いや残暑お見舞いとして送る方が良いでしょう。

 

生活カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.