menu

天花粉であせもは治せる?使い方次第では悪化することに

赤ちゃんは大人と比べて体温が高く、新陳代謝もとても良いので汗をたくさんかきます。汗をかいたままにしているとあせもの湿疹が出来て、とてもかゆがりご機嫌が悪くなります。赤ちゃんにあせもが出来た時、おばあちゃん世代に「あせもには天花粉をはたいておけばいい」と聞いたことが1度や2度はあるのではないでしょうか。天花粉、またはシッカロールともいい、今でいうベビーパウダーをあせもにはたいておけば良いということなんですが、天花粉をあせもに付けるには注意が必要です。

赤ちゃんのあせもが出来やすい場所

赤ちゃんはとにかく汗かきです。

・頭の中
・手首のシワ
・肘関節の内側
・膝の裏
・お尻
・首の下

上記の場所が特に汗疹が出来やすい場所です。赤ちゃんはプックリとプニプニしているので、手首や肘などのプックリした関節部分や、首の下などの皮膚の溝に汗がたまりやすく、汗を拭きとらずにそのままにしていると、そこに赤い小さなブツブツのあせもが出来てしまいます。

あせもをかきむしると、炎症が起きて酷くなると「とびひ」になることもあるので、小さな赤いブツブツを見つけたら、数が少ないうちにすぐに治すことが大切です。

赤ちゃんのあせもは天花粉で治せるの?

赤ちゃんにあせもが出来ました!さぁ、大変!

おばあちゃんに赤ちゃんの面倒を見てもらう機会が多い場合、「あせもが出来てる部分に天花粉(シッカロール)を付けたらいいよ~」と、おばあちゃんから聞いたことがあるのではないでしょうか?

おばあちゃんが子育てをしていた時代は、真っ白になるまでパンパンと天花粉をはたいていたものです。私も、自分が子供の頃に天花粉をはたかれた記憶がありますし、自分の子供にあせもが出来た時も言われたことを覚えています。

が、天花粉が効果を発揮するのは、あくまでも「あせも予防」の観点です。既に出来てしまったあせもに付けると、粉が汗が出てくる汗腺の出口をふさいで汗腺が詰まってしまい、あせもが炎症を起こしてしまうことがあります。

天花粉の目的は、「汗をふきとったキレイな肌にはたいて、サラっとした状態を維持するため」です。天花粉をはたいた状態で汗をかくと、粉が汗を吸い取ってくれます。でも、吸い取ってくれた粉を皮膚の上に残したままでは、意味がありません。汗を吸い取ってくれた天花粉をキレイに拭き取らなければ、結局は汗がいつまでも皮膚に残っていることと同じになります。

なので、あせも予防に天花粉を使うのなら、やはり汗をかけばキレイに拭き取ってあげなければ意味がありません。

赤ちゃんのあせもはどう治す?

では、出来てしまった赤ちゃんのあせもはどうやって治したらいいのでしょうか。

ドラッグストアに行けば、乳幼児用のあせも薬が色々と売られています。「ムヒベビー」や「ポリベビー」ならどこの薬局に行っても置いてある有名どころの市販薬で、これらは非ステロイドの塗り薬になります。

出来始めの数の少ないあせもの場合は、非ステロイド外用薬を塗ってみるのも良いと思います。それを塗ってみて2~3日してもあせもの状態が変わらない、赤さが増して湿疹が大きくなってきた、あせもの範囲が広がって来たというようなことがあれば、かかりつけの小児科や皮膚科で塗り薬をもらうのが一番です。

短期間であればステロイド外用薬はとても有効

小児科や皮膚科でもらう薬は、ほとんどがステロイド外用薬が処方されるかと思います。

赤ちゃんにステロイド??って恐怖に感じる方もいるかもしれませんが、ステロイドは正しく使えば副作用の心配が要らない優秀な塗り薬です。ステロイドには強さのランクがあり、赤ちゃんにはここまでの強さ、子供にはここまでの強さ、この強さは大人にだけというように、使える範囲がきちんと定められています。

医師は湿疹の状態を見て、ステロイドのランクを見極めて処方してくれるので、いたずらに怖がらずにきちんと塗れば、あっという間に治ります。やみくもに怖がって、指定された量を塗らなかったり、回数を減らして塗ったりすると、治りが悪く、結果的に長くステロイド外用薬の手を借りることになります。

正しい量を、正しい回数できちんと塗れば、あせもであれば1日~2日もあれば治まっていきます。

あせもは赤ちゃんにとってかゆくてグズリの原因にもなります。速攻で治してあげて、あとはあせもを作らない様にケアをしてあげたらOKです。

赤ちゃんのあせも予防に効果的なファムズベビー

赤ちゃんにあせもを作らせないためには、汗を掻いたらすぐに拭き取ってあげるのが一番です。でも、そうは言っても赤ちゃんって頻繁に汗をかいているので、つきっきりで汗を拭いて上げられませんよね。

そこで、お勧めなのが汗が皮膚に張り付くのを予防してくれる【ファムズベビー】
です。

ファムズベビーは皮膚を保護してくれるスキンケア作用のあるムースです。あせが溜まりやすい、あせもが出来やすい場所にムースを塗ると、皮膚の上に薄い保護膜ができます。保護膜が出来るといっても、汗が出る毛穴は塞がないので、汗が出なくなることはありません。汗腺を塞がないから汗はしっかりと出て、でも、保護膜があるので出た汗が皮膚に付着するのを防いでくれます。

あせもは汗がいつまでも皮膚についたまま放置して雑菌が繁殖し、皮膚が炎症を起こすことで起こります。ファムズベビーを塗っておけば、汗が出ても皮膚に直接付くことを防いでくれるので、あせもが出来にくくなるのです。

汗だけでなく、ホコリや大気汚染など外的刺激もブロックしてくれるので、アトピーや敏感肌の人にも最適なスキンケア商品です。ちなみに私は、子供はスッカリ大きくなったのであせもが出来る機会がなくなりましたが、自分が洗剤負けして主婦湿疹が酷いので、その保護のために使ってます。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムーミン 財布MOOMIN(ムーミン)本革長財布 宝島のムック本レビュー

血圧が正常でも脳梗塞や心筋梗塞に!原因は日常に潜むサージが原因だった

関連記事

  1. マダニ ライム病

    マダニに刺されてライム病!症状・治療法・予防法について

    『カナダのロック歌手 アヴリル・ラヴィーンさんが、ライム病で5か月間闘病していた。』というニュースを…

  2. 紫外線対策

    紫外線対策は5月から!日焼け止めの選び方&正しい塗り方

    紫外線対策はいつ頃からするのが良いのでしょうか。紫外線の強さの月別推移をみると、紫外線が最も強く…

  3. 片頭痛 治し方

    ズキズキと脈打つ頭痛は片頭痛かも?その原因と治し方について

    片頭痛持ちの人の数は何と840万人もいるとか。こめかみがズキズキしてきて、頭の中に心臓があるみたいに…

  4. 3大危険因子!花粉×黄砂×PM2.5のトリプルパンチに要注意!!…

    スギ花粉の飛散が始まりました。2013年のスギ花粉、なんと東日本では6倍もの飛散量が予想されてい…

  5. ストップ!脳梗塞! 見逃しやすい脳梗塞の前触れ

    推定患者数約92万人で、そのうち年間7万人が死亡するという怖い病気「脳梗塞」。特に最近では若い女性ア…

  6. ヘルパンギーナ 大人 症状

    大人も要注意!大流行ヘルパンギーナの症状と治療法

    ここ10年間で一番の大流行となっている夏風邪ヘルパンギーナ。過去3年くらいは大きな流行がなかった為、…

  7. ラクトフェリンでノロウイルスが予防できる!?

    11月頃から徐々に増え始め、毎年12月から欲1月の間にピークを迎える感染性胃腸炎。この時期は2枚貝(…

  8. はちみつで中毒症状!? 海外産の○○植物の蜂蜜に要注意!

    海外産のはちみつで中毒症状が出たというニュースを見ました。東京都内に住む60代の女性が、東南アジ…

最近の記事

ピックアップ記事

facebookページ

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.